2012年02月14日

la.coocanにJoomla最新版を入れようとしたが...

la.coocanのWebアプリを長い間いじっていなかったので、訪れてみると、
Joomlaのインストール説明が追加されていた。
Joomlaは結構複雑なインストール処理になっているとうい記憶があるのだが、
説明を読むと、最新版をダウンロードしてインストーラーに従ってインストール
すればよいとある。
Joomla!ジャパンを訪れ、最新版1.5.7(2.x系もリリースされているようだが英語版)
の日本語パッケージをダウンロードし、サーバーにアップロードの後、インストラーを
起動するがどうもうまくいかない。

【エラー】

MB Language is Default 	いいえ
PHP mbstring language がneutralに設定されていません。
これはローカルで .htaccess ファイルに php_value mbstring.language neutral
を入力追加して設定できます。

.htaccessファイルがなかったので、htaccess.txtを編集して上記を追加し、
.htaccessのファイル名でルートフォルダにアップロードした。
しかし、同じエラーが発生する。
無視して次のステップへ進む。

【エラー】

インストールを続行するにはMySQL 5.0.4 またはそれ以上が必要です。
お使いのバージョンは 4.0.27 です。

ん? la.coocanのMySQLのバージョンは4.0.27?

この4.0.27バージョンが動くJoomlaは?
バージョン1.5x以降はダメなようだ。
探そうと思ったが、今どきこんなバージョンでは、他のWebアプリケーションも
バージョンアップは望めそうもないと思い、サーバーからJoomlaを削除した。

Joomla+Requirementで調べると以下の記述がある。

Requirements for Joomla 1.5.x

Software Recommended Minimum More information
PHP* 5.2 + 4.3.10 http://www.php.net
MySQL** 4.1.x + 3.23 http://www.mysql.com
Apache***
(with mod_mysql, mod_xml,
and mod_zlib)
2.x + 1.3 http://www.apache.org
Microsoft IIS**** 7 6 http://www.iis.net

1.5系でいけそうな記述。
joomla_1.5.24_in_Japanese.zip を解凍してUploadしてみる。

ブラウザからインストーラに従い作業するとインストール成功!

※サーバーの設定条件
サーバー:mysql
データベース:la.coocanで与えられたデータベース名
ユーザー名:la.coocanで与えられたデータベース名
パスワード:la.coocanで与えられたパスワード
Prefix:jos_

 

※注意事項
インストール完了時に、installフォルダを削除する。


しかし、動作が重い。

2012年01月27日

DynDNSが有料化

自宅サーバーのメールサーバーが本日突然動作しなくなった。
調べると、長年使用してきたDynDNSが有料化された模様。
今までは事前に更新期間が近づくとメールが来ていたのに、
今回は何の通知もなくいきなりだった。
継続して使用するには、20ドル/年かかる。
しかも、VISAカードで決済しなければならない。
はて、困った......。
別の、無料Dynamic DNSサービスでも探すとするか。

親切なページを発見した。
無料ダイナミックDNS(フリーDDNS)比較



Dynamic DO!.jp
DiCEに対応
ドメイン名:XXXXXX.ddo.jp

MyDNS.jp
DiCEに対応
ドメイン名:XXXXXX.mydns.jp

ZoneEdit
DiCEに対応
導入記事
ドメイン名:


2011年12月19日

Ferora15がUpdate後立ち上がらない。

Fedora15のUpdateを溜めていて、一気に実行したところ、
KernelのUpdateも実行され、ヤバイなと思っていたが、
案の定 立ち上がらなくなった。

Rebootをかけると以下のようなメッセージがコンソールに表示される。

Kernel panic - not syncing: VFS: Unable to mount root fs on unkonown-block(0,0)
Pid: 1, comm: swapper not Tainted 2.6.41.4-1.fc15.x86_64 #1
Call Trace:
  [] panic+0x91/ox1a5
  [] mount_block_root+0x250/0x27b
  [] mount_root+0x53/0x57
  [] prepare_namespace+0x16d/0x1a6
  [] ? release_tgcred+0x2f/0x2f
  [] kernel_init+0x153/0x158
  [] ? schedule_tail+0x27/0x6c
  [] kernel_theread_helper0x4/0x10
  [] ? start_kernel+0x3b6/0x3b6
  [] ? gs_change+0x13/0x13


どうやら、grubが壊れてしまったようだ。

Fedora15はネットワークインストールしていたので、使用したCDを探す。
見つかった!
Fedora-15-x86_64-netinst.iso
CDをセットして修復を試みる。



OSはUpgrade an existing Installationを選択



キーボードの種類を聞いてくるので設定する。
grubの書き換えを聞いてくるので、「書き換える」を選択する。
Create new bootloader configulationにチェックを変更する。



ネットワークからUpdateのチェックが行われる。
しばらく待つとインストールが完了し、再起動の指示が表示される。

再起動すると、無事にFedoraが立ち上がったようだ。
apacheやmysql、Webコンテンツなどは壊れていなかった。
これで一安心。

念のため、「ソフトウエアの更新」を行ってみると、エラーになる。
システムが更新状態なので以下のコマンドを実行する旨の表示がある。
yum-complete-update

コマンドを打つと、アップデートが実行されていく。
すべて終了したので、ソフトウエアの更新を調べると、更新がない状態になった。

しばらく放置していたら、自動的にRebootがかかった。
Kernelの更新を反映させるためか?
kernelを調べると、2.6.40.6-0.fc15.x86_64 で古いままで立ち上がっている。

ま、これでもいいか? これで一段落した。

2011年11月07日

メープルシロップの注文

メープルシロップが無くなってしまったので通販で購入する事にする。
その購入までの選択とメープルシロップについてのおさらい。
使用用途:パン、ビスケットなどに使用。

■メープルシロップの種類


【各グレードの特徴】
・エキストラライト
春先の最も早く採ったもの(一番搾り)。 地元でも幻のシロップとしてに希少価値があり高価、
色は薄く 味もあっさりとして口の中に甘さの残らない最高級品。
・ライト
希少価値があり、高価格であるが味があっさりしており色が薄い
・ミディアム
市場の中でも一番流通の多いクラス。 日本料理に砂糖代わりの使用や上に直接掛けて食べる
場合ミディアムの方が味が上品で、楽しめる。
アンバー
パン作りやホットミルクなど混ぜて使う場合はアンバーの方が風味が濃いのでメープル風味を楽しめる。
ダーク
一番香りが強くこくがあります。パンやヨーグルトはもちろんのこと各種料理に最適なシロップ。

■効能
・砂糖だけではなく、蜂蜜よりもカロリーが低い。(砂糖の3分の2)
・カルシウムやカリウム、たんぱく質や糖質の代謝に役立つ亜鉛、余分なナトリウム(塩分)を排出する
カリウムなどミネラルがバランスよく豊富に含まれている。
・果糖はゆるやかに吸収され、インシュリンの放出を抑えられるために糖尿病の予防効果がある。
・カルシウムは、交感神経と副交感神経のバランスをとり、精神を安定させる。

■価格
日本のスーパーや輸入食品店で売っているのはミディアムが多いらしい。
お米の「魚沼産」、のようにメープルシロップの産地はボースアパラッシュ地方」が
最高級とされている。

■賞味期限
約2年、ただし冷蔵庫に保管。


2011年10月14日

VistaのHDD異常

Vistaのping応答がなくなったので調べる。
電源を切って再投入すると、ハードディスクのエラーメッセージ。
ディスクは、シークを繰り返している。
以前にCRCエラーのログがあり、その都度修復してきたが、今回は重症。
バックアップもまともに取っていなかった。
その後、何度か電源を落として再投入を試みたが、症状は変わらない。
HDDを購入しなければ.....
VistaのインストールCDを探さねば......

2011年09月09日

LED電球の購入を検討

リビングの白熱電球について
・明るさがもっと欲しい
・省電力したい

震災以降の省電力意識もあり、LED電球の購入を検討してみる。

【現在の電球】

パルックボール  プレミア(G形) EFG25EN19H※変更
パルックボール  プレミア(G形) EFG25ED19H
[価格]
1,060円

[仕様]
●光色:3波長形ナチュラル色クール色
●外径(mm):95
●全長(mm):135
●質量(g):148
●口金:E26
●周波数(Hz):50/60共用
●定格電圧(V):100
●定格入力電流(A):0.33
●定格消費電力(W):19
●全光束(lm):1320710
●定格寿命(h):10000※調光のついた電球器具や回路には絶対に使用しないでください。


※全光束
光源から全ての方向に発される光束のことで、照明器具の明るさの尺度として使用される。
単位はlm(ルーメン)、照度、輝度と異なり方向性を持たない。


これと、LED電球の価格・スペックを比較する。
口金:E26で、1320710ルーメン以上


【LED電球】
どの電球メーカーも光束が不足している中で、

ユニティ「XLEDIA(エクスレディア) X15シリーズ」~“世界最高照度”全光束1,300lm~
の記事が目に付いた。

 

シリーズ名 エクスレディア
タイプ名 X15シリーズ
品番 X15-CJ X15-WJ
定格消費電力 15W 17W
口金 E26
光色 昼光色相当 電球色相当
色温度 6,000K 2,700K
全光束 1,300lm 1,000lm
定格寿命 40,000時間
調光器対応 -
密閉器具対応 -
サイズ 70×132mm(直径×高さ)
重量 154g
直販価格 6,980円 ※実売価格:4,900円

ちなみにエクスレディア(本社:台湾)の代理店のユニティは、日本の業界団体
「日本電球工業会(JELMA)」に属していないが、本製品は欧州(CE)や米国(FCC)
の安全認定を取得している。

価格comで比較していると、もう一つ気になる要素が見つかった。

発光効率:ルーメン/W
省電力では、これが重要な要素になる。

エクスレディアの商品、スペック一覧

製品名価格スペック寸法・消費電力発売日登録日
口金定格寿命全光束発光効率調光器対応外径×長さ消費電力
XLEDIA
X13-CJ [昼光色]
¥3,882E2650000時間1100lm81lm/W 70x132mm13.5W2011年 3月1日 2011年 3月3日 
XLEDIA
X14-CJ [昼光色]
¥4,393E2650000時間1100lm75lm/W70x132mm14.5W2011年 3月22日 2011年 3月9日 
XLEDIA
X15-WJ [電球色]
¥4,592E2640000時間1000lm60lm/W 70x132mm16.6W2011年 3月1日 2011年 3月3日 
XLEDIA
X15-CJ [昼光色]
¥4,914E2640000時間1300lm78lm/W 70x132mm16.6W2011年 3月1日 2011年 3月3日 
XLEDIA
X16-CJ [昼光色]
¥8,091E2640000時間1300lm
70x132mm17.2W2011年 7月 2011年 6月15日 
XLEDIA
X16-WJ [電球色]
¥8,100E2640000時間1000lm
70x132mm17.2W2011年 7月 2011年 6月15日 
XLEDIA
X17-CJ [昼光色]
¥8,800E2640000時間1540lm
 70x132mm17.6W2011年 7月1日 2011年 6月28日 
XLEDIA
X17-WJ [電球色]
¥8,800E2640000時間1200lm
 70x132mm17.6W2011年 7月1日 2011年 6月28日 



国内メーカーも、この値を高した製品を発売している。
エクスレディアは、発光効率をやや犠牲にして、全光束の高い値を得ている。
しかし、2年も使用すれば電気代で換算すると元が取れるようだ。

リビングの電球の明るさがちょっと足りないと思 っていたので、 試しに1個購入
してみる価値はありそうだ。

こんな事を考えていたら、チャンスを待っていたかのようにパルックボールが点滅を
し始めたので早速通販で、X13-CJを注文する事にした。
1個:4000円(送料込み)

商品が届いた時には、パルックボールは点滅の周期が早くなり息も絶え絶え。
早速交換すると、710ルーメンから1100ルーメンに明るさがアップしているのが
はっきり確認できた。
50000時間保証という事なので、15年以上は使えるという事になる。

 

2011年08月02日

朝から仮想マシンの応答がない。

仮想マシンは、UbuntuとWindows2000Proの2つのWebサーバーが
稼動していた。
ところが、今朝からWebサーバーにアクセスしてもタイムアウトを繰り返す。
別のマシンのWebサーバーは動作していたので、sshでログインし、
同じルータ内に仮想マシンも設置しているのでpingをかけてみた。
しかし応答がまったく返ってこない。
昨日は、UbuntuもWindows2000Pro両方とも動いていたのだが....

帰宅後調べると、マシンの電源が落ちていた。
暑さで、サーマルでも検出したのだろうか?

電源かStandbyかわからないが、ボタンを押すと、立ち上がった。
ログを調べる。

[messages]
Jul 31 04:02:12 CentVM syslogd 1.4.1: restart.
Jul 31 04:02:12 CentVM logrotate: ALERT exited abnormally with [1]
Jul 31 04:02:13 CentVM snmpd[4566]: NET-SNMP version 5.1.2
Aug  1 04:02:07 CentVM logrotate: ALERT exited abnormally with [1]

※ここで日付がおかしくなっている。

Mar  1 07:35:38 CentVM syslogd 1.4.1: restart.
Mar  1 07:35:38 CentVM syslog: syslogd 起動 succeeded
Mar  1 07:35:38 CentVM kernel: klogd 1.4.1, log source = /proc/kmsg started.
Mar  1 07:35:38 CentVM kernel: Linux version 2.6.9-89.29.1.EL
・・・・
Mar  1 07:35:40 CentVM kernel: powernow-k8: Found AMD Athlon(tm) 64 Processor 3500+ single processor(1 cpu cores) (version 2.00.00-rhel4)
Mar  1 07:35:40 CentVM kernel: powernow-k8:    0 : fid 0xe (2200 MHz), vid 0x6
Mar  1 07:35:40 CentVM kernel: powernow-k8:    1 : fid 0xc (2000 MHz), vid 0x8
Mar  1 07:35:40 CentVM kernel: powernow-k8:    2 : fid 0xa (1800 MHz), vid 0xa
Mar  1 07:35:40 CentVM kernel: powernow-k8:    3 : fid 0x2 (1000 MHz), vid 0x12
Mar  1 07:35:40 CentVM kernel: ip_tables: (C) 2000-2002 Netfilter core team

※ここも日付がおかしい。

Mar  1 16:33:42 CentVM rc.sysinit: -e
Mar  1 07:33:43 CentVM date: 2006年  3月  1日 水曜日 07:33:43 JST
Mar  1 07:33:43 CentVM rc.sysinit: 時計  (localtime) を設定中: 2006年  3月  1日 水曜日 07:33:43 JST succeeded
・・・・
Mar  1 07:35:32 CentVM kudzu:  failed
Mar  1 07:35:32 CentVM kudzu: ハードウェア設定、時間切れ
Mar  1 07:35:32 CentVM kudzu: 再検出のために '/usr/sbin/kudzu' をコマンド行から実行して下さい
・・・・
Mar  1 07:35:48 CentVM ntpdate[3412]: can't find host clock2.redhat.com
M
・・・・
Mar  1 07:35:52 CentVM vmnet-dhcpd: Configured subnet: 172.16.32.0
Mar  1 07:35:52 CentVM vmnet-dhcpd: Setting vmnet-dhcp IP address: 172.16.32.254
Mar  1 07:35:52 CentVM vmnet-dhcpd: Recving on     VNet/vmnet1/172.16.32.0
Mar  1 07:35:52 CentVM vmnet-dhcpd: Sending on     VNet/vmnet1/172.16.32.0
Mar  1 07:35:52 CentVM vmnet-dhcpd: Configured subnet: 192.168.85.0
Mar  1 07:35:52 CentVM vmnet-dhcpd: Setting vmnet-dhcp IP address: 192.168.85.254
Mar  1 07:35:52 CentVM vmnet-dhcpd: Recving on     VNet/vmnet8/192.168.85.0
Mar  1 07:35:52 CentVM vmnet-dhcpd: Sending on     VNet/vmnet8/192.168.85.0

※ここから時刻が復旧、しかしRebootした形跡はない。

Aug  2 18:05:50 CentVM ntpdate[3412]: step time server 66.187.233.4 offset 171109796.655391 sec
Aug  2 18:05:50 CentVM ntpd:  succeeded
Aug  2 18:05:50 CentVM ntpd[3495]: ntpd 4.2.0a@1.1190-r Mon Dec 14 11:23:05 EST 2009 (1)
Aug  2 18:05:50 CentVM ntpd: ntpd 起動 succeeded
Aug  2 18:05:51 CentVM ntpd[3495]: precision = 6.000 usec
Aug  2 18:05:51 CentVM ntpd[3495]: Listening on interface wildcard, 0.0.0.0#123
Aug  2 18:05:51 CentVM ntpd[3495]: Listening on interface lo, 127.0.0.1#123
Aug  2 18:05:51 CentVM ntpd[3495]: Listening on interface eth0, 192.168.2.111#123
Aug  2 18:05:51 CentVM ntpd[3495]: Listening on interface vmnet8, 192.168.85.1#123
Aug  2 18:05:51 CentVM ntpd[3495]: Listening on interface vmnet1, 172.16.32.1#123
Aug  2 18:05:51 CentVM ntpd[3495]: kernel time sync status 0040
Aug  2 18:05:51 CentVM kernel: Installing knfsd (copyright (C) 1996 okir@monad.swb.de).
Aug  2 18:05:51 CentVM nfs: NFS サービスを起動中:  succeeded

確か、過去にもこの症状には出くわした記憶がある。

VMWare Server ダウン

どうも電源が落ちたのではないようだ。

ntpの設定を確認する。
サーバー:
0:pool.ntp.org
1:pool.ntp.org
2:pool.ntp.org
clock2.redhat.com  ※削除
clock.redhat.com   ※削除


他のマシンの設定は、
・CentOS5.5(64bit)
0:centos.ntp.org
1:centos.ntp.org
2:centos.ntp.org

・Ubuntu(VM)
[/etc/ntp.conf]
server ntp.jst.mfeed.ad.jp
server ntp.jst.mfeed.ad.jp
server ntp.nict.jp

赤字のntpサーバーを消して様子を見る。

2011年07月11日

Windows2000Apacheがログローテーションしない。

Windows2000のApache2が重くなったので調べてみると、一日に一回深夜に行われて
いるはずのログがローテーションしていない。
この症状は、6月の始め頃から始まり、昨日まで気が付かなかった。
おおよそ一月間思いログファイルを抱えて処理していたのだ。
自動処理では、bat および vbsのプログラムをタスクマネージャで深夜に起動していた
のだが、原因を追究する前に、とにかく軽くする事が先決だったので、手動でログの
ローテーションを行う事にした。
とういのも、これだけの期間溜まったログをうまく分別できるようにプログラムが考慮されて
いないという記憶に妙に自身があったからだ。
(要はいい加減な処理を行っているという確信があった。)
その手順は以下のとおり。
[access.log および error.log 双方について]
①1日単位のログを切り取り、past_logフォルダ内の年フォルダ内の月フォルダに
yymmdd_access.log、yymmdd_error.log の名前で保存

これを、一か月分30*2 = 60回ほど行って、ほとほと疲れ果てた。
しかし、その代償でWindows2000のApacheは軽快に動作するようになった。

ログをスリム化した後の深夜処理でも、ログローテーションは失敗しているので、
真面目調査しなければならなくなった。
ここから調査開始

ログローテーションが行われなくなったのは、2011.06.05の03:00の処理からだ。
この時には、2011.06.04の00:00~23:59までのログをpast_logフォルダに
出力しなければならないのだが、access.logもerror.logもこれ以降出力が停止した
ままであった。
その近辺のaccess.log、error.logを調べてみたが異常は見当たらない。

Windows2000のイベントビューワーを覗いてみる。
アプリケーションログにMySQLエラー多発を発見(6月4日のログは消滅していた。)

C:\Program Files\MySQL\MySQL Server 4.1\bin\mysqld-nt: Can't open file: 'gl_sessions.MYI' (errno: 145)

コントロールパネル⇒サービス⇒MySQL⇒右クリック⇒再起動
タスクマネージャ⇒ログ更新

すると、logrotation.exeのエラーメッセージが表示される。



さらに、データの参照



apacheやMySQLを再起動してもlogrotation.exe のエラーは発生する。
Win2kを再起動してみても症状は変わらない。
タスクマネージャから追跡する。
プログラムは、logrot.vbs
[logrot.vbs]
Set shell = WScript.CreateObject("WScript.Shell")
shell.Run "logupdate.bat", 0, false
[logupdate.bat]
net stop apache2.2
cd c:\Apache Group\logs
logrotation "c:\Apache Group\logs" "c:\Apache Group\logs\past_log"
net start apache2.2

コマンドプロンプトで実行して確認する。
C:\Apache Group\logs>logrotation.exe "c:\Apache Group\logs"
"c:\Apache Group\log\past_log"

ハンドルされていない例外: System.IO.IOException:
別のプロセスで使用されているため、プロセスはファイル、
'c:\Apache Group\logs\error.log' にアクセスできません。
場所:System.IO.__Error.WinIOError(Int32 errorCode, String maybeFullPath)
場所:System.IO.FileStream.Init(String path, FileMode mode,
FileAccess access,Int32 rights, Boolean useRights,FileShare share,
Int32 bufferSize, FileOptions options,SECURITY_ATTRIBUTES secAttrs,
String msgPath, Boolean bFromProxy)
System.IO.FileStream..ctor(String path, FileMode mode,
FileAccess access, FileShare share, Int32 bufferSize,
FileOptions options)
System.IO.StreamReader..ctor(String path, Encoding encoding,
Boolean detectEncodingFromByteOrderMarks, Int32 bufferSize)
System.IO.StreamReader..ctor(String path, Encoding encoding)
    logrotation.LogCheck.GetLog(String logpathStr, String savepathStr)
    logrotation.Program.Main(String[] args)

どうも、error.logファイルがロックされているようだ。

しばらく放置(2時間程度)した後、再度 logrotation.exe を確認する。
すると、今度はちゃんと正常終了し、ログもpast_logフォルダに格納されるようになった。
誰が、ファイルロックしていたのだろう。

⇒MicroSoftが提供しているProcess Monitorというツールで詳しく調査できるようだ。

結局、logrotation.exeは自作のProgramだった。
ログファイルのOpen,Closeが中断されたのではないだろうか?
Process Monitorのexeファイル(procmon.exe)を探したが、2000/XP/vista
いずれもインストールされていなかった。

2011年06月16日

Fedoraが無応答

本日10時ごろからFedoraのAwstats統計情報の更新がされなくなった。
Cronで起動されるタスクは終了するのだが、処理時間がいつもより早い。
httpをrestartさせたが、/tmp/mod_mono....  cannot removeと表示
される。
調べると、確かに/tmpフォルダに/tmp/mod_mono.... のファイルが2個
あり、いずれのファイルもrootユーザーになってもRemoveできない。
httpdのstatusはsubsysがロックされていると表示されている。
/var/lock/subsys/httpd を remove するが、これもremoveできない。

以前、突然Fedoraがダウンした事があった。
この時は、HDDがエラーを起こしており、再立ち上げ後、Grubが表示されたので
1世代前のバージョンを選択してブートし、現れた修正画面で、fsckを実行して、
ようやく復旧した。

参考記事:Fedoraがダウン

リモートからssh接続し、rebootさせたのだが相変わらず応答は返ってこない。
今回も悪い予感がする。

2011年06月03日

今日は停電?

本日午後2時に突然、Fedora9サーバーの応答がなくなった。
Puttyもダメ、Fedora9以外の自宅サーバーも応答がない。
NTTの光回線の故障か、光ルータの故障か はたまた、Fedora9
の故障でサーバー全体に悪影響を与えているのか......
はたまたDynamicDNSの切り替え中なのか......
などと良からぬ事が頭に浮かんできたが、しばらくして、確か電力会社
から停電の連絡が来ていたような気がしてきた。
自宅の電話がつながったら復旧した証なのだろうが、自宅サーバー
は、いったん電源が落ちたら、落ちっぱなしで復電してもなすすべなし。
帰宅して、サーバーの電源スイッチを入れるしか手はないのか.....

帰宅して確認するとやはり、計画停電だった。
光ルーターや無線LANの親機およびPCの一部は復電後、自動的に
立ち上がってたのだがほとんどのPCは、電源がOffの状態になっていた。


■復電後、PCを自動的に電源オンの状態にするには

Webで調べると、PCのBIOS設定でかのうなものもあるようだ。

①電源インターフェイス
14pinと15pinをショート
通常のWindowsシャットダウンで電源が切れず再起動を行う。

②BIOS設定
[AwordBIOS]

1.AC LOSS PWP:ON RESTART機能があるかどうか
(電源が供給されるとパソコンが自動的に起動する機能)

2.Wake Up機能があるかどうか
(毎日、指定時刻にパソコンが自動的に起動する機能)

[PhoenixBIOS]
Main→Boot Features→After Power Failure で「Power On」に設定

[AMI BIOS]
未確認

2011年05月14日

Fedoraがダウン

5月13日の金曜日の朝からFedoraの応答がなくなった。
昨日のVMWareホストのダウンに引き続き今日もダウンが続く。
帰宅後調査、コンソールからの応答がないので、Power Resetすると、BIOSの
メッセージで「Boot Deviceを選択しなさい。」と言ってくる。
HDDがどうも認識されなくなっているようだ。
電源を落としてしばらく時間をおいて立ち上げると、Grubが立ち上がった。
今度は、Kernel Panicで落ちてしまう。
Grubメニューで一世代前のカーネルを選択して立ち上げるとチョット進展してFSCKを
行うように薦めるメッセージとなった。
ルートのパスワードを入力しプロンプトを表示させ、FSCKと入力する。
するとディスクの修復処理が動き出した。
あとは、ひたすらReplyにEnter("y")で応える。
やっと修復が終わったようだ、Rebootされ立ち上がった。
現在の状態は、一世代前のカーネルで動作しているのだろうか?
ログを確認しておく。

[messages]

May 13 00:39:21 ntpd[1717]: synchronized to 210.189.110.68, stratum 2
※深夜に応答が途絶えて、早朝のアクセスでkernelメッセージ(再起動?)が記録されている。
May 13 08:29:48 kernel: imklog 3.20.2, log source = /proc/kmsg started.
May 13 08:29:48 kernel: Initializing cgroup subsys cpuset
May 13 08:29:48 kernel: Linux version2.6.27.25-78.2.56.fc9.i686 (mockbuild@) (gcc version 4.3.0 20080428 (Red Hat 4.3.0-8) (GCC) ) #1 SMP Thu Jun 18 12:47:50 EDT 2009
May 13 08:29:48 kernel: BIOS-provided physical RAM map:
May 13 08:29:48 kernel: BIOS-e820: 0000000000000000 - 000000000009fc00 (usable)
・・・・・
May 13 09:10:18 kernel: ata3.00: exception Emask 0x0 SAct 0x0 SErr 0x0 action 0x0
May 13 09:10:18 kernel: ata3.00: BMDMA stat 0x4
May 13 09:10:18 kernel: ata3.00: cmd 35/00:e0:31:c8:f6/00:00:24:00:00/e0 tag 0 dma 114688 out
May 13 09:10:18 kernel:         res 51/10:12:ff:c8:f6/10:00:24:00:00/e4 Emask 0x81 (invalid argument)
May 13 09:10:18 kernel: ata3.00: status: { DRDY ERR }
May 13 09:10:18 kernel: ata3.00: error: { IDNF }
May 13 09:10:18 kernel: ata3.00: configured for UDMA/133
May 13 09:10:18 kernel: sd 2:0:0:0: [sda] Result: hostbyte=DID_OK driverbyte=DRIVER_SENSE,SUGGEST_OK
May 13 09:10:18 kernel: sd 2:0:0:0: [sda] Sense Key : Aborted Command [current] [descriptor]
May 13 09:10:18 kernel: Descriptor sense data with sense descriptors (in hex):
May 13 09:10:18 kernel:        72 0b 14 00 00 00 00 0c 00 0a 80 00 00 00 00 00
May 13 09:10:18 kernel:        24 f6 c8 ff
May 13 09:10:18 kernel: sd 2:0:0:0: [sda] Add. Sense: Recorded entity not found
May 13 09:10:18 kernel: end_request: I/O error, dev sda, sector 620152881
May 13 09:10:18 kernel: Buffer I/O error on device dm-0, logical block 77468859
May 13 09:10:18 kernel: lost page write due to I/O error on dm-0
May 13 09:10:18 kernel: Buffer I/O error on device dm-0, logical block 77468860
※以降帰宅するまでディスクのIOエラーが連続して発生している。
・・・・・
# fsckコマンド実行後、再起動
May 13 21:17:07 kernel: Linux version2.6.27.24-78.2.53.fc9.i686 (mockbuild@) (gcc version 4.3.0 20080428 (Red Hat 4.3.0-8) (GCC) ) #1 SMP Wed May 20 23:51:32 EDT 2009
May 13 21:17:07 kernel: BIOS-provided physical RAM map:
May 13 21:17:07 kernel: BIOS-e820: 0000000000000000 - 000000000009fc00 (usable)
May 13 21:17:07 kernel: BIOS-e820: 000000000009fc00 - 00000000000a0000 (reserved)

やっぱり、一世代前のカーネルで立ち上がっている。

2011年05月13日

VMWare Server ダウン

もう日替わりして、昨日のことになったが、VMWare Server の仮想マシンを
外出先のルーター外からアクセスしても応答をしなくなっている事に気が付いた。
帰宅してみるとHDDのランプが点灯しっぱなしとなり、コンソールも効かない状態
になっていたのでやむなくPower Resetするとようやく立ち上がった。
正常な動作に復帰したのを確認した後、ログを調べ記録しておく事にした。
以下VMWareマシンのログ

[var/log/messages]
May 12 04:02:08 CentVM logrotate: ALERT exited abnormally with [1]
Mar 10 23:38:23CentVM syslogd 1.4.1: restart.
Mar 10 23:38:23 CentVM syslog: syslogd 起動 succeeded
Mar 10 23:38:23 CentVM kernel: klogd 1.4.1, log source = /proc/kmsg started.

深夜の4時にlogrotateのALARTが発生。
その後、restartがかかったようだが、日付がおかしい。
May 12 04:02:08  から Mar 10 23:38:23 に時間が逆行している。
多分、Power Resetした時に、時刻がずれてしまったと思われる。

・・・・・

Mar 10 23:36:29 CentVM date: 2006年  3月 10日 金曜日 23:36:29 JST
Mar 10 23:36:29 CentVM rc.sysinit: 時計  (localtime) を設定中: 2006年  3月 10日 金曜日 23:36:29 JST succeeded

・・・・・

Mar 10 23:38:37 CentVM vmnet-dhcpd: Sending on     VNet/vmnet1/172.16.32.0
May 12 18:08:37CentVM ntpdate[3430]: step time server 66.187.233.4 offset 163189799.695908 sec
May 12 18:08:37 CentVM ntpd:  succeeded
May 12 18:08:37 CentVM ntpd[3466]: ntpd4.2.0a@1.1190-rMon Dec 14 11:23:05 EST 2009 (1)
May 12 18:08:37 CentVM ntpd: ntpd 起動 succeeded

その後、ntpサーバーの接続で、正確な時間が設定されて現在に至っている。
これ以上は今のところ不明。

2011年04月04日

Win2kのWebアクセスが急増

最近、Windows2000(Apache)のWebアクセスが急増している。
以前と環境が変わったのは、
・CentOSのDMZサーバーのハードとOSを変更した。(2011.02月)
・Accessログ急増したのは、2011年3月11日以降

(Awstatsの統計ログ)

2011年 3月 23日 965 3981 5502 1.11 Gb

この日のアクセスで従来400MB/日のアクセスが一挙に1.11B/日のアクセスに
急増した、以降700MB/日のアクセスが今日まで続いている。

ログの詳細を調べると、WordPressのアクセスが急増している。
大昔し、設置したME2.0.7というバージョンでコンテンツの追加も更新も殆ど
行っていない状態だった。

コンテンツへの異常なリンクや書き込みは行われていないようだったが、
admin/パスワードでログインできてしまう状態になっていた。
念のため、新たに新administratorユーザーとパスワードを設定し、この
adminユーザーは削除する。

これで、様子を見ることにする。

翌日、効果を確認する。
大幅にアクセスバイト数が減ったことが確認できた。
原因はわからないが、WordPressのadminのログインを禁止しして、
新しくadministratorのユーザーとパスワードを設定した事により、
アクセスバイト数が減少したという事実のみを記載しておく。


2011年03月30日

HDDサルベージ方法メモ

Note PC(VAIO FX)Pen3 1Ghz 512MB HDD40GB(HGST製)がクラッシュした。
CentOS4.4のWebサーバーとして10年ぐらい使用していたがそれまでに3、4回は
HDDを交換したと思う。
メモリースロットのコネクタピンが熱で溶着して接触不良を慢性的に繰り返すこともあり、
ベアボーンキット(celeron SU2300 8GB/500GB MEM/HDD)でCentOS5.5(64bit)
のサーバーを立ち上げたのだが、旧マシンのコンテンツを新マシンに何とか移行したい。
稼動していたコンテンツは、mySQLベースのCMSが多い。
(pukiwiki、geeklog、joomla,drupal,nucleus,自作Webアプリ)

そこで、HDDのデータサルベージについて調べる事にした。
HDDも認識したり、しなかったり不安定な状態が続く。

・旧マシンでは、Operating System Not Found.
・他のPCにUSB接続したHDDをKNOPPIXで認識はできるが、読み込めない。
・旧マシンに装着を戻し、KNOPPIXを起動するが、HDDを認識しない。

そこで、認識を強制的に行うツールはないかと調べたら。
FreeBSDatacontrolコマンドで可能なようだ。
※Fedora,CentOSではパッケージが見つからないので、旧マシンをFreeBSD用
DVDメディアでブートさせてみようかと思ったりしている。

その前に、Linuxの一般的なHDDのデーターサルベージについて調査しておく。

FreeSBIE
FreeBSDのスペルミスかと思ったが違うようで、KNOPPIXと同等のサルベージが
可能なようだ。
このdd_rhelp_dd_rescue_を使うのがオススメらしい。
KNOPPIXにも同梱されているようだ。

参考記事:「ディスクが BIOS から認識しなくても諦めるな!」_

※FreeSBIEとは?(WikiPediaより)
FreeSBIE(フリースビー.or.フリスビーFreeSystemBurnedInEconomy)
は、ハードディスクに触らずにCDのみで起動するUNIXオペレーティングシステム
FreeBSDディストリビューション
の一つである。
またはLive CDとして起動するFreeBSDを作成するツール
(こちらは全て小文字でfreesbieとなる)。」

どうやらイタリアで開発されたものらしい。
http://www.freesbie.org から FreeSBIE-2.0.1-RELEASE.iso を取得
できるので、後日試してみようと思う。

■dd_rescueコマンド
# dd_rescue -A コピー元デバイス コピー先デバイス

Ubuntuにapt-getしてみた。
# apt-get install dd_rescue
# dd_rescue -h

dd_rescue Version 1.14,garloff@suse.de, GNU GPL
 ($Id: dd_rescue.c,v 1.59 2007/08/26 13:42:44 garloff Exp $)
dd_rescue copies data from one file (or block device) to another.
USAGE: dd_rescue [options] infile outfile
Options: -s ipos    start position in  input file (default=0),
         -S opos    start position in output file (def=ipos),
         -b softbs  block size for copy operation (def=65536),
         -B hardbs  fallback block size in case of errs (def=512),
         -e maxerr  exit after maxerr errors (def=0=infinite),
         -m maxxfer maximum amount of data to be transfered (def=0=inf),
         -y syncfrq frequency of fsync calls on outfile (def=512*softbs),
         -l logfile name of a file to log errors and summary to (def=""),
         -o bbfile  name of a file to log bad blocks numbers (def=""),
         -r         reverse direction copy (def=forward),
         -t         truncate output file (def=no),
         -d/D       use O_DIRECT for input/output (def=no),
         -w         abort on Write errors (def=no),
         -a         spArse file writing (def=no),
         -A         Always write blocks, zeroed if err (def=no),
         -i         interactive: ask before overwriting data (def=no),
         -f         force: skip some sanity checks (def=no),
         -p         preserve: preserve ownership / perms (def=no),
         -q         quiet operation,
         -v         verbose operation,
         -V         display version and exit,
         -h         display this help and exit.
Note: Sizes may be given in units b(=512), k(=1024), M(=1024^2) or G(1024^3) bytes
This program is useful to rescue data in case of I/O errors, because
 it does not necessarily abort or truncate the output.


■ddrescueコマンド
dd_rescueとは別物らしいが、これもコマンドでサルベージができる。
まずHDDのデバイス名を「fdisk -l」で確認します。
壊れているHDDのデバイスがhdb、コピー先のHDDのデバイスがhdaの場合
# ddrescue /dev/hdb /dev/hda
数時間~10数時間かかります。

2011年02月03日

今度はWin2kのHDDが故障

CentOSのHDDが故障したのに続き、今度はWin2kのHDDが故障した。
急にWebサーバーの応答がなくなったので、調べるとWin2kのHDDから
異常音(カクーン、カクーン、、、、、)がしている。
PCの電源をオフ・オンして復旧したが、翌日また同じ症状が発生した。
イベントログを調べると、システムログのatapiソースにディスクのエラーが記録されていた。
デバイス\Device\Ide\IdePort0はタイムアウト期間内に応答しませんでした。
このエラーが連続して記録されている。
以前も、この異常音が発生し、PCがダンマリになった記憶がある。
「ディスクの最適化」を行う。
長時間かかりそうなので、実行させたままで翌朝を迎える。
Webサーバーの応答を確認するが、レスポンスがちゃんとある。
それに応答も速くなっている。
「ディスクの最適化」は正常に終了していた。
これで様子を見ることにした。

2011年01月28日

CentOS HDD障害

昨日:2011.01.27早朝からCentOS(Vaio)から応答がない。
帰宅して調べると、コンソールも効かなくなっていた。
Power Off / On すると、今度は軌道時にKerner Panicで立ち上がらない。
GRUBは表示されるのだが、そのあとのブートでエラーになっている。
・・・・
HDDのマウントエラー
・・・・
Kernel panic -not syncing:Attempted to kill init!
HDDがクラッシュするたびにfsckでこれまで復旧してきたが今度はちょっと
難しいかもしれない。
我が家のネットワークが光に変わったのを契機にギガビットイーサーのハード
をそろそろ検討する時期に来たようだ。

2011年01月27日

競合するIPアドレスがあります。

我が家のノートPCには、無線LAN(内臓)と有線LANが使用できる。
今までは、無線LANのみの使用だったのだが、Webカメラを購入し、
初期設定を行うのに、有線LANのアドレスを領域の重複がないように
固定に設定した、 ところが、以下のエラーが発生し、どうしても消せない。

WINDOWSシステムエラー ネットワーク上の別のシステムと競合するIPアドレスがあります。」

Note-PC
 ├ 有線LAN  ---------- ハブ ------- Webカメラ
 ├ 無線LAN ---------- ハブ -------  フレッツ光ルータ ------- インターネット

>ipconfig のコマンドを打ってみるが、重複したIPアドレスは見当たらない。
>arp -a のほうがより詳しく判る。
 ※IPアドレスとMACアドレスの対応表が表示される。
例)
C:\>arp -a
Interface: 192.168.0.103 --- 0x2…インターフェイス

  Internet Address      Physical Address      Type
  192.168.0.51          00-a0-c9-b4-08-22     dynamic
  192.168.0.54          00-d0-b7-5c-5e-0c     dynamic
  192.168.0.55          00-02-b3-8a-a5-03     dynamic
  192.168.0.112         00-da-ba-da-ba-da     dynamic
この確認でも重複アドレスは確認できない。
イベントログを調べる。
システムログにその痕跡がある。
ソース   種類  内容
-------------------------------------------------
yukonwxp エラー Driver has encountered an internal erro
  
yukonwxp 情報   Port A is up with 100 Mbps
Tcpip   エラー IPアドレスxxx.xxx.xxx.xxxと、
システムの
         ネットワークハードウェアアドレスxx:xx:xx:xx:xx:xx
         が重複しているのを、検出しました。
         このシステムのネットワーク操作は 無効になる可能性があります。

TCP/IPのIPアドレスの設定をいろいろ変更してもこの症状は変わらない。
実は、このインストールは、無線LAN接続のNotePCの有線LANにWebカメラを
接続して作業を行っている。
これが影響しているのかもしれない。

2010年12月08日

CentOSダウン?

朝に、ルータ外からCentOS(Vaio)の応答が途中で途絶えた。
ブラウザーにホーム画面が一瞬表示されただけ。
以降は、アクセスしても無応答。
DynamicDNSを確認するが、IPアドレスの変更はない。
DynamicDNSでは、2つのFQDNを取得しているので、他のFQDNで
アクセス(他のPCサーバー)するとWebから応答がある。
SSHもダメ!
なので、CentOS(Vaio)サーバーの障害のようだ。
Clamavの更新とWebアクセスが重なった時、CPU過負荷に陥り、応答が
なくなったことが過去にあった。
自動で再起動がかかり、復旧する場合もあるので様子をみる。
.....
とうとう復旧しなかった。
Power Resetで立ち上がった。

ログを調べる。
Dec  8 05:11:24 freshclam[15366]: ClamAV update process started at Wed Dec  8 05:11:24 2010
Dec  8 05:11:25 freshclam[15366]: Your ClamAV installation is OUTDATED!
Dec  8 05:11:25 freshclam[15366]: Local version: 0.96.1 Recommended version: 0.96.5
Dec  8 05:11:25 freshclam[15366]: DON'T PANIC! Readhttp://www.clamav.net/support/faq
Dec  8 05:11:25 freshclam[15366]: main.cld is up to date (version: 53, sigs: 846214, f-level: 53, builder: sven)
Dec  8 05:11:25 freshclam[15366]: daily.cld is up to date (version: 12365, sigs: 10954, f-level: 58, builder: guitar)
Dec  8 05:11:25 freshclam[15366]: bytecode.cld is up to date (version: 93, sigs: 16, f-level: 54, builder: edwin)
Dec  8 05:20:53 logrotate: ALERT exited abnormally with [1]
※freshclamのupdateがRetryしlogrotaeが失敗
Dec  8 08:09:16 kernel: Unable to handle kernel NULL pointer dereference at virtual address 00000016
Dec  8 08:09:16 kernel:  printing eip:
Dec  8 08:09:16 kernel: c018d5ae
Dec  8 08:09:16 kernel: *pde = 00000000
Dec  8 08:09:16 kernel: Oops: 0000 [#1]
....
Dec  8 08:10:45 kiyoeri syslogd 1.4.1: restart.
Dec  8 08:10:45 kiyoeri syslog: syslogd 起動 succeeded
※再起動がかかる。
立ち上がった後もfreshclamのupdate processが続く。
....
Power Rest

なんとかclamavのバージョンアップをしなければ....

それと、もうひとつ気になる事が。
mysqlのログが異常に膨れ上がっている。
-rw-r-----   1 mysql    mysql    4467392504 12月  8 22:42 mysqld.log
-rw-r-----   1 mysql    mysql        412445  4月  5  2010 mysqld.log.1
ディスクの使用率もこれに伴って58%になっている。
急いで別のマシンにログをFedora9に退避し、削除した。
mysqld.logはローテーションしないのか?
ログはmediawikiのデータベースから出ている。
101208 23:41:31 [ERROR] /usr/libexec/mysqld: Incorrect information in file: './mediawikidb/objectcache.frm'
101208 23:41:31 [ERROR] /usr/libexec/mysqld: Incorrect information in file: './mediawikidb/objectcache.frm'
101208 23:41:31 [ERROR] /usr/libexec/mysqld: Incorrect information in file: './mediawikidb/objectcache.frm'
101208 23:41:31 [ERROR] /usr/libexec/mysqld: Incorrect information in file: './mediawikidb/objectcache.frm'
101208 23:41:31 [ERROR] /usr/libexec/mysqld: Incorrect information in file: './mediawikidb/objectcache.frm'
101208 23:41:31 [ERROR] /usr/libexec/mysqld: Incorrect information in file: './mediawikidb/objectcache.frm'
101208 23:41:31 [ERROR] /usr/libexec/mysqld: Incorrect information in file: './mediawikidb/objectcache.frm'
101208 23:41:31 [ERROR] /usr/libexec/mysqld: Incorrect information in file: './mediawikidb/objectcache.frm'
101208 23:41:31 [ERROR] /usr/libexec/mysqld: Incorrect information in file: './mediawikidb/objectcache.frm'
101208 23:41:31 [ERROR] /usr/libexec/mysqld: Incorrect information in file: './mediawikidb/objectcache.frm'
101208 23:41:31 [ERROR] /usr/libexec/mysqld: Incorrect information in file: './mediawikidb/objectcache.frm'
101208 23:41:31 [ERROR] /usr/libexec/mysqld: Incorrect information in file: './mediawikidb/objectcache.frm'
101208 23:41:31 [ERROR] /usr/libexec/mysqld: Incorrect information in file: './mediawikidb/objectcache.frm'
101208 23:41:31 [ERROR] /usr/libexec/mysqld: Incorrect information in file: './mediawikidb/objectcache.frm'
101208 23:41:31 [ERROR] /usr/libexec/mysqld: Incorrect information in file: './mediawikidb/objectcache.frm'
101208 23:41:31 [ERROR] /usr/libexec/mysqld: Incorrect information in file: './mediawikidb/objectcache.frm'
101208 23:41:31 [ERROR] /usr/libexec/mysqld: Incorrect information in file: './mediawikidb/objectcache.frm'
101208 23:41:31 [ERROR] /usr/libexec/mysqld: Incorrect information in file: './mediawikidb/objectcache.frm'
101208 23:41:31 [ERROR] /usr/libexec/mysqld: Incorrect information in file: './mediawikidb/page.frm'
101208 23:41:31 [ERROR] /usr/libexec/mysqld: Incorrect information in file: './mediawikidb/page.frm'

mysqldをrestartしても治まらない。
Baiduからアクセスが頻発している。

mediaikiにアクセスするとエラーが表示される。
Error in fetchObject(): Incorrect information in file: './mediawikidb/page.frm' Backtrace:

  • GlobalFunctions.php line 602 calls wfBacktrace()
  • Database.php line 596 calls wfDebugDieBacktrace()
  • MessageCache.php line 246 calls Database::fetchObject()
  • MessageCache.php line 174 calls MessageCache::loadFromDB()
  • MessageCache.php line 357 calls MessageCache::load()
  • GlobalFunctions.php line 449 calls MessageCache::get()
  • GlobalFunctions.php line 408 calls wfMsgGetKey()
  • GlobalFunctions.php line 319 calls wfMsgReal()
  • OutputPage.php line 177 calls wfMsg()
  • OutputPage.php line 776 calls OutputPage::setPageTitle()
  • Database.php line 476 calls OutputPage::databaseError()
  • Database.php line 419 calls Database::reportQueryError()
  • BagOStuff.php line 390 calls Database::query()
  • BagOStuff.php line 281 calls MediaWikiBagOStuff::_doquery()
  • BagOStuff.php line 228 calls SqlBagOStuff::_query()
  • MessageCache.php line 142 calls SqlBagOStuff::get()
  • MessageCache.php line 357 calls MessageCache::load()
  • GlobalFunctions.php line 449 calls MessageCache::get()
  • GlobalFunctions.php line 408 calls wfMsgGetKey()
  • GlobalFunctions.php line 361 calls wfMsgReal()
  • Wiki.php line 74 calls wfMsgForContent()
  • index.php line 105 calls MediaWiki::checkInitialQueries()

どうもデータベースが壊れているようだ。
ひとまず、mediawikiのサイトを閉鎖した。

翌日の早朝CentOS(Vaio)を覗いてみると、Memoryの認識が半分の256MBになっている。
シャットダウンして、メモリーソケットとメモリーのコネクタピンを清掃して512MBに復帰した。
いつから256MBになったのかは不明。

2010年11月18日

CentOSが自動Reboot

今朝、CentOSの応答が無くなった。
しばらくしたら応答が回復した。ログを見ると、自動的にRebootした模様。
sshでclamscanとtripwireをkill操作した後、awstatの統計処理の最中だった。 [/var/log/messages]
Nov 18 07:32:54 freshclam[2871]: Received signal: wake up
Nov 18 07:32:55 freshclam[2871]: ClamAV update process started at Thu
Nov 18 07:32:55 2010
Nov 18 07:32:55 freshclam[2871]: main.cld is up to date (version: 53, sigs: 846214, f-level: 53, builder: sven)
Nov 18 07:32:55 freshclam[2871]: daily.cld is up to date (version: 12276, sigs: 6438, f-level: 54, builder: arnaud)
Nov 18 07:32:55 freshclam[2871]: Current functionality level = 53, recommended = 54
Nov 18 07:32:55 freshclam[2871]: Please check if ClamAV tools are linked against the proper version of libclamav
Nov 18 07:32:55 freshclam[2871]: DON'T PANIC! Readhttp://www.clamav.net/support/faq
Nov 18 07:32:55 freshclam[2871]: bytecode.cld is up to date (version: 91, sigs: 15, f-level: 54, builder: edwin)
Nov 18 07:32:55 freshclam[2871]: Current functionality level = 53, recommended = 54
Nov 18 07:32:55 freshclam[2871]: Please check if ClamAV tools are linked against the proper version of libclamav
Nov 18 07:32:55 freshclam[2871]: DON'T PANIC! Readhttp://www.clamav.net/support/faq
Nov 18 07:32:55 freshclam[2871]: --------------------------------------
Nov 18 08:40:40 PAM_pwdb[29390]: (sshd) session opened for user kiyoeri by (uid=0)
Nov 18 08:40:47 su(pam_unix)[29417]: session opened for user root by kiyoeri(uid=500)
Nov 18 08:55:15 kernel: Unable to handle kernel paging request at virtual address 00200038
Nov 18 08:55:15 kernel: printing eip: Nov 18 08:55:15 kernel: c018b52b
Nov 18 08:55:15 kernel: *pde = 00e62067
Nov 18 08:55:15 kernel: Oops: 0000 [#1]

ClamavのUpdateプロセスが影響しているのか?
clamavのupdateはyumでリポジトリのエラーになり実行できない状態になっている。
clamavのログを調べるとOUTDATED!のログが以前とちょっと状態が変化していた。

[/var/log/freshclam.log]
・従来のログの最終日付け
ClamAV update process started at Tue Oct 26 03:00:01 2010
WARNING: Your ClamAV installation is OUTDATED!
WARNING: Local version: 0.96.1 Recommended version: 0.96.3

・新しいログの最古日付け
--------------------------------------
ClamAV update process started at Mon Nov 15 03:00:01 2010
main.cld is up to date (version: 53, sigs: 846214, f-level: 53, builder: sven)
Empty script daily-12251.cdiff, need to download entire database
Downloading daily.cvd [100%]
daily.cvd updated (version: 12251, sigs: 4887, f-level: 54, builder: sven)
WARNING: Your ClamAV installation is OUTDATED!
WARNING: Current functionality level = 53, recommended = 54

DON'T PANIC! Readhttp://www.clamav.net/support/faq
bytecode.cld is up to date (version: 90, sigs: 10, f-level: 53, builder: edwin)

以前は、バージョンのOUTDATED!だったが今度は、functionality level のOUTDATE!
に変化している。

# rpm -qa|grep clama
clamav-0.96.1-1.el4.rf
clamav-db-0.95.1-4.el4.rf
clamav-devel-0.96.1-1.el4.rf
clamav-devel-0.96-2.el4.rf
clamav-0.96-2.el4.rf

バージョン0.96.1のままで、Updateが出来ていないのか?
yumのclamavアップデートは、リポジトリがおかしくアクセスエラーになる。

# yum update calamav
Setting up Update Process
Setting up repositories
http://ftp.riken.jp/Linux/dag/dries/redhat/el4/en/i386/dries/RPMS/repodata/repomd.xml: [Errno 14] HTTP Error 403: Forbidden
Trying other mirror.
Cannot open/read repomd.xml file for repository: dries
failure: repodata/repomd.xml from dries: [Errno 256] No more mirrors to try.
Error: failure: repodata/repomd.xml from dries: [Errno 256] No more mirrors to try.

ソースからインストールする必要があるかもしれない。

2010年11月10日

Clamavのバージョンアップが変わった?

Clamavのバージョン違いのワーニングが突然消えてしまった。

ClamAV update process started at Tue Oct 26 03:00:01 2010
WARNING: Your ClamAV installation is OUTDATED!
WARNING: Local version: 0.96.1 Recommended version: 0.96.3

この日付以降OUTDATED!のメッセージが表示されていない。

今までは、バージョン違いのワーニングが出た後、 # yum update clamav を
行うと、バージョン違いのワーニングは出なくなっていた。
ところが、今回は yum で updateしようとしても以下のエラーでupdateできない。

# yum update clamav
Setting up Update Process
Setting up repositories
http://ftp.riken.jp/Linux/dag/dries/redhat/el4/en/i386/dries/RPMS/repodata/repomd.xml: [Errno 14] HTTP Error 403: Forbidden
Trying other mirror.
Cannot open/read repomd.xml file for repository: dries
failure: repodata/repomd.xml from dries: [Errno 256] No more mirrors to try.
Error: failure: repodata/repomd.xml from dries: [Errno 256] No more mirrors to try.

rpmを確認するがバージョンが0.96.3になった形跡はない。
# rpm -qa|grep clam
clamav-0.96.1-1.el4.rf
clamav-db-0.95.1-4.el4.rf
clamav-devel-0.96.1-1.el4.rf
clamav-devel-0.96-2.el4.rf
clamav-0.96-2.el4.rf

Clamavの更新RetryでCPUが高負荷になりサーバーがハングする事が過去に
発生し、その都度yumでclamavをupdateしてきたのだが、今回はOUTDATED!
のログが突然消滅してしまった。
またyumでclamavをupdateできない状態になっているが、更新Retryによる
高負荷になる症状も発生していないのでこのまま様子を見る。

2010年10月14日

バスエラーでリブート出来なくなった。

Fedora9のレスポンスが遅いので(Dokuwikiサイト開設の時感じた。)、Apcheの
設定を昨夜変更した。
変更は、httpd.confの、MaxKeepAliveRequest = 100 ⇒ 800
この設定変更が起因したのか、翌朝からhttpの応答がなくなってしまった。
httpdをRestartさせようとすると、pidが残っていますと拒絶される。
pidを削除しようとすると、「バスエラー」が発生する。
rebootしようとしても「バスエラー」が発生。

# /etc/init.d/httpd restart
rm: cannot remove `/var/run/httpd.pid': 読み込み専用ファイルシステムです
rm: cannot remove `/var/lock/subsys/httpd': 読み込み専用ファイルシステムです
rm: cannot remove `/var/run/httpd.pid': 読み込み専用ファイルシステムです
httpd を起動中: [Thu Oct 14 10:55:19 2010] [crit] Failed to remove dashboard file '/tmp/mod_mono_dashboard_XXGLOBAL_1', further actions impossible. Read-only file system
[Thu Oct 14 10:55:19 2010] [warn] module proxy_ajp_module is already loaded, skipping
(30)Read-only file system: httpd: could not open error log file /etc/httpd/logs/error_log.
Unable to open logs
                                                           [失敗]
# reboot
バスエラー
 
VNCアクセスでもログインできないが、幸いSSHは通信できる。
このような状態なので、リモートではどうしようもない状態になってしまった。

monoが絡んでいるようなので、topコマンドで確認して、monoのpidをkillした。
# top
.......
30906 apache    20   0 24224 7224 4452 S  0.0  0.2   0:20.22 mono
.......
# kill -9 30906
apacheをリスタートするが前述と同じエラーで立ち上がらない。
# rm -fr mod_mono_dashboard_XXGLOBAL_1
rm: cannot remove `mod_mono_dashboard_XXGLOBAL_1': 読み込み専用ファイルシステムです

SSHでログを調査する。
深夜の3:00頃で、messages、access_log、error_logが止まってしまっている。
SATAのエラーが発生しているのが気にかかる。
[messages]
※この時刻から発生
Oct 14 03:19:58 kernel: ata3.00: exception Emask 0x0 SAct 0x0 SErr 0x0 action 0x6 frozen
Oct 14 03:19:58 kernel: ata3.00: cmd 25/00:10:59:a2:2c/00:00:10:00:00/e0 tag 0 dma 8192 in
Oct 14 03:19:58 kernel:         res 40/00:00:00:00:00/00:00:00:00:00/00 Emask 0x4 (timeout)
Oct 14 03:19:58 kernel: ata3.00: status: { DRDY }
Oct 14 03:20:03 kernel: ata3: link is slow to respond, please be patient (ready=0)
Oct 14 03:20:08 kernel: ata3: device not ready (errno=-16), forcing hardreset
Oct 14 03:20:18 kernel: ata3: SRST failed (errno=-16)
・・・・くりかえし
Oct 14 03:21:08 kernel: ata3: reset failed, giving up
Oct 14 03:21:08 kernel: ata3.00: disabled
Oct 14 03:21:08 kernel: ata3: EH complete
Oct 14 03:21:08 kernel: sd 2:0:0:0: [sda] Result: hostbyte=DID_BAD_TARGET driverbyte=DRIVER_OK,SUGGEST_OK
Oct 14 03:21:08 kernel: end_request: I/O error, dev sda, sector 271360601
Oct 14 03:21:08 kernel: sd 2:0:0:0: [sda] Result: hostbyte=DID_BAD_TARGET driverbyte=DRIVER_OK,SUGGEST_OK
Oct 14 03:21:08 kernel: end_request: I/O error, dev sda, sector 271360601
Oct 14 03:21:08 kernel: sd 2:0:0:0: [sda] Result: hostbyte=DID_BAD_TARGET driverbyte=DRIVER_OK,SUGGEST_OK
Oct 14 03:21:08 kernel: end_request: I/O error, dev sda, sector 271360601
Oct 14 03:21:08 kernel: sd 2:0:0:0: [sda] Result: hostbyte=DID_BAD_TARGET driverbyte=DRIVER_OK,SUGGEST_OK
Oct 14 03:21:08 kernel: end_request: I/O error, dev sda, sector 480400329
Oct 14 03:21:08 kernel: Buffer I/O error on device dm-0, logical block 59999790
Oct 14 03:21:08 kernel: lost page write due to I/O error on dm-0
Oct 14 03:21:08 kernel: Buffer I/O error on device dm-0, logical block 59999791
Oct 14 03:21:08 kernel: lost page write due to I/O error on dm-0
Oct 14 03:21:08 kernel: Buffer I/O error on device dm-0, logical block 59999792
Oct 14 03:21:08 kernel: lost page write due to I/O error on dm-0
....... 以降はI/O error のログのみ。

MaxKeepAliveRequestの値でHDDエラーを誘発するなんて考えにくい。
たまたまHDDエラーが発生したのだろうか?

Power Off Onすると復旧した。
MaxKeepAliveRequest = 800 ⇒ 200 に変更し、Apacheをリスタートする。

2010年10月02日

ネットワークが切れていた。

CentOSサーバーの応答がない。
sshやpingでもだめ。
サーバー自身のコンソールは生きている。
サーバー自身からゲート上ウエイにはpingできるが、他のPCにはpingできない。
httpdプロセスやsshdプロセスは生きている。
しかし、いつもこの時間帯に実行中の、clamscan、tripwireはtopで現れない。
rebootで復旧した。
ログを調査。
clamavのupdateプロセスのリトライが深夜2時ぐらいから頻発している。
WARNING: Local version: 0.96.1 Recommended version: 0.96.3
のバージョンメッセージが以前から発生しているのも気にかかる。
apacheのaccess_logは途絶えている気配が無い。
messagesのログで、clamavのupdateのretry連続後、Restartが自動的に
発生していることが判った。

Oct  2 02:56:20 freshclam[2870]: --------------------------------------
Oct  2 03:00:03 freshclam[28284]: ClamAV update process started at Sat Oct  2 03:00:03 2010
Oct  2 03:00:03 freshclam[28284]: Your ClamAV installation is OUTDATED!
Oct  2 03:00:03 freshclam[28284]: Local version: 0.96.1 Recommended version: 0.96.3
Oct  2 03:00:03 freshclam[28284]: DON'T PANIC! Readhttp://www.clamav.net/support/faq
Oct  2 03:00:03 freshclam[28284]: main.cld is up to date (version: 52, sigs: 704727, f-level: 44, builder: sven)
Oct  2 03:00:03 freshclam[28284]: daily.cld is up to date (version: 12064, sigs: 133462, f-level: 53, builder: ccordes)
Oct  2 03:00:03 freshclam[28284]: bytecode.cld is up to date (version: 77, sigs: 10, f-level: 53, builder: edwin)
Oct  2 03:44:27 kernel: Unable to handle kernel paging request at virtual address 34206583
Oct  2 03:44:27 kernel:  printing eip:
Oct  2 03:44:27 kernel: c0195236
Oct  2 03:44:27 kernel: *pde = 00000000
Oct  2 03:44:27 kernel: Oops: 0000 [#1]
リスターと後は、イーサーネットのリンクタイムアウトが発生している。
Oct  2 04:01:41 kernel: NETDEV WATCHDOG: eth0: transmit timed out
・・・・
Oct  2 04:01:41 kernel: e100: eth0: e100_watchdog: link up, 100Mbps, full-duplex
そしてリンクアップを繰り返している。

clamavのupdateを試みる。
# yum update clamav
Setting up Update Process
Setting up repositories
http://ftp.riken.jp/Linux/dag/dries/redhat/el4/en/i386/dries/RPMS/repodata/repomd.xml: [Errno 14] HTTP Error 403: Forbidden
Trying other mirror.
Cannot open/read repomd.xml file for repository: dries
failure: repodata/repomd.xml from dries: [Errno 256] No more mirrors to try.
Error: failure: repodata/repomd.xml from dries: [Errno 256] No more mirrors to try.

いつもは、うまく接続できるのに今回はダメ!
しばらくしてから再度Tryして見ることにする。

2010年09月24日

VMホストのメモリー増設

VMwareのマシンは今まで、2GBだったのだが、DDR2-667 DIMM 2GBが
入手できたので、4GBの実装にしてみる事にする。
[スロット実装状況]
1 DDR2-533 1GB
2 DDR2-533 1GB
3 DDR2-667 2GB ← 今回追加
4 --  空き --

正常に立ち上がったので、チェックを行う。
$ free
                 total       used       free       shared    buffers     cached
Mem:  3042504    3024848   17656          0       95452    2659424
-/+ buffers/cache:  269972    2772532
Swap: 1048568        160       1048408

Total Memoryが4GBであって欲しいが3GBになっている。

$ cat /proc/meminfo
MemTotal:      3042504 kB
MemFree:         17336 kB
Buffers:         95636 kB
Cached:        2659476 kB
SwapCached:          0 kB
Active:        2197764 kB
Inactive:       706408 kB
HighTotal:     2162624 kB
HighFree:         1024 kB
LowTotal:       879880 kB
LowFree:         16312 kB
SwapTotal:     1048568 kB
SwapFree:      1048408 kB
Dirty:             724 kB
Writeback:           0 kB
Mapped:        1542232 kB
Slab:            48524 kB
CommitLimit:   2569820 kB
Committed_AS:   647528 kB
PageTables:       4640 kB
VmallocTotal:   106488 kB
VmallocUsed:      2852 kB
VmallocChunk:   103300 kB
HugePages_Total:     0
HugePages_Free:      0
Hugepagesize:     4096 kB

これで、ちゃんと4GBになっているのだろうか?
BIOSでメモリーの認識を確認する必要がある。

メモリー増設前のmessagesログが見つかった。
Sep 20 07:22:16 CentVM syslog: klogd 起動 succeeded
Sep 20 07:22:16 CentVM kernel:1087MB HIGHMEM available.
Sep 20 07:22:16 CentVM kernel:896MB LOWMEM available.
Sep 20 07:22:16 CentVM kernel: found SMP MP-table at 000f5240
Sep 20 07:22:16 CentVM kernel: Using x86 segment limits to approximate NX protection
Sep 20 07:22:16 CentVM kernel: zapping low mappings.

メモリー増設後は、以下のとおり。
Sep 24 00:34:49 CentVM syslog: klogd 起動 succeeded
Sep 24 00:34:49 CentVM kernel:  BIOS-e820: 00000001bc000000 - 00000001c0000000 (reserved)
Sep 24 00:34:49 CentVM kernel: Warning only 4GB will be used.
Sep 24 00:34:49 CentVM kernel: Use a PAE enabled kernel.
Sep 24 00:34:49 CentVM kernel:3200MB HIGHMEM available.
Sep 24 00:34:49 CentVM kernel:896MB LOWMEM available.
Sep 24 00:34:49 CentVM kernel: found SMP MP-table at 000f5240
Sep 24 00:34:49 CentVM kernel: Using x86 segment limits to approximate NX protection
Sep 24 00:34:49 CentVM kernel: zapping low mappings.

確かに2GBの増加を検出している。
VM用のRAMも2.6GBに増加している。
これで、もうあと2システム分ぐらいはVMマシンを追加できそうだ。



このまま動かす事にする。

2010年08月30日

本日15:00 突然サーバー接続できなくなった。

【気になること】
・昨日DynDNSから珍しくメールが来ていた。
 ※DynDNSのHPで表示されている内容と同じものだった。
Changes To Dynamic DNS Service
We are making some changes to Dynamic DNS accounts, including: limiting each account to 2 Dynamic DNS hostnames and limiting the number of domains we offer for the free services.
We recommend upgrading to DynDNS Pro to protect all your hosts from possible deletion (there aremany other reasons to upgrade).

※ メールの内容が十分に理解できなかったのでそのまま放置。


・今日15:00頃突然ネットワークがつながらなくなる。
・今日15:00頃、雷が発生! 雨も降る。
・DynDNSでBulkUpdateを行ったら、IPアドレスが更新された。
・しかし、そのIPアドレスにSSHしてもPingしてもTime Out!

結局停電していた。
その時間は、ログを見ると15:00~18:00で約3時間にも渡っていた。

結局DynDNSの警告は関係しなかった。
長時間の停電の為に、復電したマシンのうち、VMホストマシンの、CMOSが
リセットされており立ち上がらなかった。(再設定で復旧)
また長時間の停電に特化した問題にはならないのだが、後遺症としてUbuntuの
バージョンUp(8.10⇒9.04/9.10)でシステムが不安定になって
いたが、とうとう立ち上がらなくなった。

2010年08月04日

暑さでPCもバテ気味

今日は朝の6時ごろ暑くて目が覚めてしまうぐらい暑い。
温室状態の部屋に入れているサーバーが気になっていたら案の定
CentOSのレスポンスが悪い。

【CentOS】
logrotateのプロセスが10時になっても実行中、やっと終了したかと思ったら、
今度は、updatedbのプロセスが走り出した。
こんなわけで、CPU占有率は80%にもなり、Webの応答が非常に悪い。
awstatsのバッチ集計処理も長時間かかっている。(最近特に顕著)
CentOSは最近、Memoryの接触不良で512MBが256MBになって動いて
しまったが、接触不良の対処後、再発はしていない。 ※現在も512MB表示
mysqld.logにもMemory不足の履歴が残っているので、念のため、
・mysqlとapacheを再起動した。   ⇒ NG
・#df -h でディスクの使用率をチェックするが、44%なのでまだ大丈夫だろう。


【Vistaが割り込む】
※調査中にVistaに立ち寄ると、Vistaの調子もどうもおかしい。
 ・DotNetNukeから応答がない(MS SQL ServerがDownしている。)
 ・MS SQL Serverの再起動を試みるがダメ!
 ・VNC画面サイズが800x600に変わり、デスクトップのショートカットも消滅。
 ・ログでHDDのエラーが頻発している。
 以前に、VistaのHDDエラーでVisual Studioプロジェクトが読めなくなった。
 この時は、HDDの修復を行い回復したので、。
 ツール⇒ディスクチェック⇒「ファイルシステムエラーを自動的に修復する。」と、
 「不良セクターをスキャンし回復する」にチェック⇒「次回起動時にチェックする」に設定。
 ⇒PCを再起動する。
 参照:VistaのHDD修復

しばらく放置しておき、pingで応答があってからVistaにアクセスしてみる。
見事! 
画面サイズも元に戻り、MS SQL Serverも正常に立ち上がっており、DotNetNuke
にも問題なくアクセスできた。


【再びCentOSへ】
この症状になる前に、CentOSの様子が少しづつおかしかった。
・awstatsのバッチ集計処理に時間がかかる。
・awstatsのプロセスが複数起動されてしまう。
・hiki.cgiのプロセスが結構残っている。
・awkのプロセスが結構残っている。(awkは.htaccess集計用自作プログラム)

CPUの占有率が下がらないので、リブートを試みたが効果なかった。

・昨夜も無線LANのネットワーク構成をいじくっていたが、BBルータの速度に
 影響を与えたのかもしれない。

・調べるとサイトへの特定IPによるアクセスが頻発していた。

119.63.198.8
119.63.198.47

inetnum 119.63.192.0 - 119.63.199.255
netname BAIDUJP-CIDR-BLK-JP
descr Baidu Japan Inc.


とりあえず、
[/etc/hosts.allow]

httpd 119.63.198.0/24     deny を追加しておく。
※書き込みした時点で有効になる。

以降、アクセスが無くなりCPU占有率が1%以下に下がりスイスイ動くようになった。

ところが、翌日日中になるとまた、レスポンス低下が発生。
topで調べると、CPU占有率は80%くらいなのだが、Memoryが520MBに減っている。
Tasksのtotalは通常10~20の間だが、45~48個になっている。
# grep MaxClient /etc/httpd/conf/httpd.conf
MaxCilents 50
最大接続数近くのアクセスが来ている。

手動で、httpdのプロセスIDをkillしていったがなかなか改善されないので、
#killall httpdで全てのApacheのプロセスを終了させた。
これで、Memoryは1000MBになった。
ApacheをRestartさせると、Tasksのtotalは10~20に落ち着き、Memory
も900MB程度となり、ブラウザからもストレスなくアクセス出来るようになった。

Memoryを増設するかマシンを変えねば.....
 

2010年07月29日

Ubuntuバージョンアップで四苦八苦

BeagleBoardにAndroidを組み込んで見ようと思い、仮想マシンで動くUbuntuの
バージョンを確認したら、8.10 Andoroidは9.04か9.10が必要との事で、
早速アップグレードを試みたが、9.04のアップグレードが完了した時に、再起動しない
で続けて9.10のアップグレードを行ったのが原因なのかUbuntuが立ち上がらなくな
ってしまった。
どうやら、おまかせインストールにしたせいもあって、定義ファイルがインストーラで、
デフォルトに書き換わってしまったようだ。
最初は、仮想マシンのコンソールすら応答がなくなっていたが、「Enter」でログイン
プロンプトが表示されたので、rootでログインした。
システムのチェックをすると、ファイルは問題なく読み書きできる。
pingは応答ないのだが、apacheやmysql、ftpなどは動作している。
ネットワークの定義ファイル、[/etc/network/interfaces] が初期状態になっていた
(ループバック状態)事が判り、設定を変更し、/etc/init.d/networkig restart
したら、WebサーバーやSSHが使える状態になった。
まだgnome-sessionが立ち上がらず、GUIでの作業ができない状態だが、じっくりと
GUIの修復をしようと思っている。

ところで、Ubuntuの動向に目が向いていなかったのだが、最新バージョンは10.04
になっているらしく、修復のヒントにもなるのでバージョンの遷移を追ってみる事にした。

【9.04の新機能】
・Gnome2.26
 ├ Brasero2.26.0 :CD/DVDディスク作成
 └ gnome-display-properties :マルチモニタの扱い改善
・X.Org Server 1.6
・起動時間の改善
・カーネル 2.6.28
・Ext4ファイルシステムのサポート
・クラウドコンピューティング

【9.10の新機能】  ※ビデオやINPUT METHODが変更されている。
・UPstart :起動後ユーザーがデスクトップをすぐに利用できる。
・アプリケーションメニューの「追加と削除....」⇒Ubuntuソフト・ウェアセンター
・Gnome2.28
  ├ dgm2.28
・Quickly :Ubuntuアプリケーションの共有
・KUbuntu9.10
・クラウド
  ├ Ubuntu Enterprize Cloud Image : Amazon's EC2
  └ Ubuntu One :個人向けクラウドサービス
・カーネル2.6.31
・HW抽象レイヤhal⇒DeviceKit-power、DeviceKit-disks、udev
・新しいIntelビデオドライバー : "EXA"から"UMA"に変更
・GRUB2が標準ブートローダーに(新規インストールのみ適用)
・ISCSIへのインストール
・AppArmor
・Libvirt
・Uncomplecated FireWall(ufw)
・NXビットのエミュレーション機能:Non-Executable(NX)メモリー保護
・モジュールロードのブロック機能
・位置独立実行形式(PIE) : 厳格なコンパイラフラグで未知の脅威から保護
・新しいインプットメソッド : SCIM ⇒ IBus


【10.04LTSの新機能】
・カーネル2.6.32
・KDE SC4.4
・HALが完全に削除された。
・likewise-openのメジャーバージョンアップ : アクテイブディレクトリ/認証
・nVidiaドライバーサポート改善
・Ubuntu Oneの機能追加 : Music Store、ファイル同期
・Ubuntu Enterprize Cloud (UEC) :他のインストールトポロジをサポート

※9.10で結構変化がある。

2010年06月30日

今朝CentOSの通信が途絶えた。

今朝、早朝はアクセスがあったのだが、途中でCentOSからのアクセスが途絶えた。
その他の、サーバーからの応答は問題ない。
CentOSでエラーログが、最近増加傾向にあるのが、気になっていたのだが、詳しく
その内容を解析していなかった。
それに、レスポンスも途中で極端に落ちる事もあったので、原因を調査しなければ
ならない。

【messagesログ抜粋】
Jun 30 07:18:54 freshclam[4446]: ---------------終了-------------------
Jun 30 08:08:30 PAM_pwdb[26179]: (sshd) session opened for user kiyoeri by (uid=0)
Jun 30 08:26:06 kernel: Unable to handle kernel paging request
 at virtual address ff000414
***** Rebootがかかる。
Jun 30 08:27:36 kernel: Memory: 512564k/522752k available (2226k kernel code,
 9460k reserved, 743k data, 184k init, 0k highmem)
***** この時点でメモリーは512MB
Jun 30 08:37:59 freshclam[2846]: Can't get information about db.jp.clamav.net:
 Name or service not known
***** ClamavがWakeUp
Jun 30 08:57:58 ddclient[2837]: WARNING:  cannot connect to checkip.dyndns.org:80
 socket: IO::Socket::INET: Bad hostname 'checkip.dyndns.org'
***** DynDNSのcheckipエラーが発生
以降、clamavのupdateとcheckipが繰り返す。

リブートされる。
立ち上げ時にシステムのメモリーのチェックが行われるのだが、このチェックで
メモリーが半分の256MBしか認識されない。
帰宅後、手動で再起動を繰り返すが、メモリーが256MBしか認識されない状態が継続し、
やはりWebの応答が返ってこない。

【原因判明】
メモリーが512MB⇒256MBになっていた。
気温があがって、いつもの障害(メモリーコネクタの接触不良)が発生してしまった。
かわいそうに、256MBで必死で処理をしょうとしたが、ついに力尽きてしまったようだ。
VAIOノートを分解し、メモリーの片面接触を修正しやっと512MBのメモリーサイズを認識した。

メモリーは2枚(256MB)あって、片方のメモリーコネクターのピンの埋もれている箇所
が数箇所ある。

メモリーは、256M PC133 SDRAMx2枚
PCはVAIO PCG-FX77V/BPでスペックは以下のとおり。

モデル PCG-FX77V/BP PCG-FX55V/BP PCG-FX11V
OS Microsoft Windows XP Home Edition
プロセッサー モバイル インテル
Pentium IIIプロセッサ1GHz
(インテル SpeedStep
テクノロジ搭載)
モバイル インテル Celeron
プロセッサ900MHz
キャッシュメモリー
(1次/2次)
32KB/256KB(CPUに内蔵) 32KB/128KB(CPUに内蔵)
プロセッサーシステムバス 100MHz
チップセット Intel 815EM
メインメモリー 標準/最大 SDRAM 256MB(SODIMMx2)/最大256MB(PC100対応)
拡張メモリースロット
(空きスロット数)
SODIMMスロット×2(0)
グラフィックアクセラレーター Intel 815EMチップセットに内蔵
ビデオメモリー 最大11MB (メインメモリーと共有)*1
液晶表示装置 15型、XGA対応、TFTカラー液晶 14.1型、XGA対応、TFTカラー液晶
表示モード 1024×768(最大約1677万色*2)/800×600(最大約1677万色*2
外部ディスプレイ出力 1280×1024(約1677万色)/1024×768(約1677万色)/800×600(約1677万色)*3
フロッピーディスクドライブ*4 3.5型(1.44MB/720KB)標準装備
ハードディスクドライブ 約40GB(Ultra ATA 100)
(C:約10.0GB/
D:約30.0GB(出荷時))*5*6
約30GB(Ultra ATA 100)
(C:約10.0GB/D:約20.0GB(出荷時))*5*6
ドライブ*7*8 CD-RW/DVD-ROM一体型ドライブ
(読み出し:CD-ROM・CD-R 最大24倍速/CD-RW 最大12倍速/DVD-ROM 最大8倍速、
書き込み:CD-R・CD-RW 最大8倍速、固定式*9
外部接続端子 ●プリンターポート(D-sub 25ピン)×1 ●シリアルポート(RS-232C、D-sub 9ピン)×1
 ●USB×2 ●外部ディスプレイ出力×1 ●i.LINK(IEEE1394)端子 S400(4ピン)×1
●モデム用モジュラージャック×1 ●マイク入力(モノラルミニジャック)×1
●ステレオヘッドホン出力×1 ●ネットワークコネクター(100BASE-TX/10BASE-T)×1
 ●コンポジットビデオ出力(NTSC/PAL対応)×1
PCカードスロット TypeIII×1またはType II×2、16bit/CardBus対応
オーディオ機能 ウィンドウズサウンドシステム互換、AC97準拠、ソフトウェアMIDI音源、3Dサウンド機能、ステレオスピーカー
内蔵モデム 最大56kbps*10(V.90/K56flex自動対応)/最大14.4kbps(FAX時)
キーボード/
ポインティングデバイス
約19mmピッチ、キーストローク約3mm、91キー/インテリジェントタッチパッド
主な付属品 ACアダプター、バッテリーパック、ウェイトセーバー、
テレホンコード(モジュラーケーブル)、ビデオケーブル、リカバリーCD、
Microsoft Office XP Personalプレインストールパッケージ(※PCG-FX11Vは除く)
電源 ACアダプターまたはリチウムイオンバッテリー
消費電力 48W (バッテリー充電含まず) 49W (バッテリー充電含まず)
省エネ法に基づく
エネルギー効率*11
S区分 0.0018
バッテリー
駆動時間*12*13
約3~3.5時間
(付属バッテリー×1)、
約6~7時間
(PCGA-BP71A×2)
約1.5~2時間
(付属バッテリー×1)、
約5~7時間
(PCGA-BP71A×2)
バッテリー
充電時間*14
電源ON時:3時間
電源OFF時:1.5時間*15
電源ON時:1.5時間
電源OFF時:1時間*15
温湿度条件 動作時5~35℃(温度勾配10℃/時以下)20~80%
(ただし結露しないこと、および35℃における湿度は65%以下)
保存時-20℃~+60℃(温度勾配10℃/時以下)10~90%
本体外部寸法
(最大突起部含まず)
約 幅324mm×高さ38.5mm(最厚部54.1mm)×奥行265.5mm 約 幅324mm×
高さ35.8mm(最厚部46.9mm)×
奥行265.5mm
質量 約3.2Kg
(バッテリー×1、
ウェイトセーバー装着時)
約3.1Kg
(バッテリー×1、
ウェイトセーバー装着時)
約2.8Kg
(バッテリー×1、
ウェイトセーバー装着時)

メモリー制約:最大512MB(BIOSの制限)なので、512MB1枚のSDRAMに置き換え
はできないだろうか?
2枚で1組で使用しなければならないという話を聞いたことがある。


【今後の対策】
これは、以前から発生していた症状でメモリーカードの接触圧力をスペーサで押さえるなど、
その都度、暫定処置をして難を逃れてきた。
しかし、そろそろ恒久処置を考えなければならない。
・VAIO-NotePC CentOSを置き換える。
・現在256MBx2枚⇒512MB1枚(メモリーコネクタ回避)
・メモリー制約:Mobile Pentium3の512MB以上拡張できないか?
 
VAIOノートの品名は、PCG-FX77V/BPで発売日は、2002年1月
メモリー制限はBIOSではなく、チップセットi851EMの制約のようだ。

2010年06月10日

ルータ障害?

朝から、自宅サーバー全てのの応答がない。
DynamicDNSも更新されている気配はない。
BBルータにまた障害が発生したのかもしれない。
思えば、LinkSysのブロードバンドルータは、長い間(7、8年)使用してきた
ので、今年の夏はもつかどうかわからない。
そろそろ換え時かも知れない。

帰宅してみると、BBルータはPowerランプのみ点灯していた。
ADSLモデムとの接続ランプも消灯していた。
やはり、BBルータの障害だった。
電源をOff⇒Onしたら復旧した。
Dynamic DNSも変更されていた。

ログを調べる。
・BBルータ
BBルータのログを有効にしていたのでログを見るが、再起動後のアクセスの
ラッシュで、過去のログは消されてしまっている。
これでは、ログをとっている意味がない。
ログ有効がBBルータの動作の足を引っ張っている可能性もあると思ったので、
BBルータのログを有効⇒無効に設定した。

・Apache access_log
 10/Jun/2010:02:53:44 以降のルータ外からのアクセスが途絶えている。
・Apache error_log
 Thu Jun 10 02:53:05 2010 以降のルータ外からのアクセスエラーが途絶えている。
・messages
 Jun 10 02:53:48 kernel: e100: eth0: e100_watchdog: link down
 Jun 10 02:53:50 kernel: e100: eth0: e100_watchdog: link up, 100Mbps, full-duplex
 Jun 10 18:25:29 ddclient[31353]: SUCCESS:  updating good: IP address set to xx.xx.xx.xx
※回線が復旧したら即座にIPアドレスが更新された。

BBルーターのログを無効にしてから、サーバーのアクセス速度が高速になった。


2010年05月21日

今朝からサーバー無応答

今朝から、自宅サーバーが無応答。
CentOS,Fedore,Ubuntu,Win2k,VMWin2k,Vistaすべて応答しない。
SSH,FTPも無応答状態。
DynamicDNSのIPアドレスを確認するが、変更はされていない。
もうこうなったらお手上げ状態。 
BBルータかModemかNTT回線かasahi-netか?
asahi-net,la.coocanともに、WebやFTPの応答は正常だ。
※ちょっと応答が遅いのが気になるが.....

[帰宅後調査]
ルータ内のPC間の通信は出来ていたが、ルータから外にネットワークが出て
いなかった。
BBルータのDDNSが取得できない状態だったので、BBルータをPower Reset
しばらく待つと、DDNSが取得できた。
そして、外部にネットワークが繋がった。
BBルータが何らかの状態でおかしくなった模様だ。
NTTの回線やモデムではなかった。
ところが、後遺症なのかFedoraがSSHでもVNCでも接続できない。
FedoraもPower Resetで復旧した。

【ログを確認】

[CentOS]
・access_log
早朝6:00頃よりアクセス頻度が極端に落ち込んでいるが、全くアクセスが消失した
訳でもない。
・error_log
Fri May 21 05:19:36 2010 ~Fri May 21 18:16:20 2010 まで空白期間
・messages
May 21 05:32:54 ddclient[2892]: WARNING:  cannot connect to checkip.dyndns.org:80 socket: IO::Socket::INET: connect: 接続がタイムアウトしました
※この時間あたりからDDNSのタイムアウトが頻発している。
May 21 18:05:07 ddclient[2892]: WARNING:  cannot connect to checkip.dyndns.org:80 socket: IO::Socket::INET: Bad hostname 'checkip.dyndns.org'
May 21 18:15:17 ddclient[2892]: WARNING:  forcing update of kiyoeri.gotdns.org from 61.125.244.243 to 61.125.244.217; 15 days since last update on Thu May  6 16:46:34 2010.
May 21 18:15:18 ddclient[2892]: SUCCESS:  updating kiyoeri.gotdns.org: good: IP address set to 61.125.244.217
※DDNSがここで、更新された。(チョット気になる。)

May 20 00:21:26 freshclam[2901]: Your ClamAV installation is OUTDATED!
May 20 00:21:26 freshclam[2901]: Local version: 0.96 Recommended version: 0.96.1
※ClamavのTryが頻発していたが、OUTDATED!が上記、20日頃から発生している。

[Fedora]
・access_log
 21/May/2010:05:20:12 ~21/May/2010:18:29:08までが空白
・error_log
[Fri May 21 04:51:33 2010] [error] [client 67.195.115.241] File does not exist: /var/www/html/robots.txt
mod_mono and xsp have different versions.
System.InvalidOperationException: mod_mono and xsp have different versions.
  at Mono.WebServer.ModMonoRequest.GetInitialData () [0x00000]
  at Mono.WebServer.ModMonoRequest..ctor (System.Net.Sockets.NetworkStream ns) [0x00000]
  at Mono.WebServer.RequestReader..ctor (System.Net.Sockets.NetworkStream ns) [0x00000]
  at Mono.WebServer.ModMonoWorker.InnerRun (System.Object state) [0x00000]
  at Mono.WebServer.ModMonoWorker.Run (System.Object state) [0x00000]
[Fri May 21 04:57:48 2010] [error] (104)Connection reset by peer: read_data failed
[Fri May 21 04:57:48 2010] [error] Command stream corrupted, last command was -1
[Fri May 21 18:28:50 2010] [notice] core dump file size limit raised to 4294967295 bytes
[Fri May 21 18:28:50 2010] [notice] suEXEC mechanism enabled (wrapper: /usr/sbin/suexec)
[Fri May 21 18:28:51 2010] [notice] ModSecurity for Apache/2.5.9 (http://www.modsecurity.org/) configured.
[Fri May 21 18:28:51 2010] [notice] Original server signature: Apache/2.2.9 (Fedora)
[Fri May 21 18:28:53 2010] [notice] Digest: generating secret for digest authentication ...
[Fri May 21 18:28:53 2010] [notice] Digest: done
・messages
18:20に電源On

2010年05月12日

messagesログ異常(Samba)

CentOS4.4のmessagesログサイズが異常大きい事に気が付き調査した。
-rw-------   1 root     root    1853680  5月 12 08:58 messages
-rw-------   1 root     root      253890  5月  9 05:46 messages.1
-rw-------   1 root     root      305263  5月  2 06:17 messages.2
-rw-------   1 root     root      236680  4月 25 05:30 messages.3
-rw-------   1 root     root      256073  4月 18 05:46 messages.4

[/var/log/messages]
20:02:52 winbindd[3080]: [2010/05/09 20:02:52, 0] nsswitch/winbindd_passdb.c:sid_to_name(126)
20:02:52 winbindd[3080]:   Possible deadlock: Trying to lookup SID S-1-1-0 with passdb backend
20:02:52 winbindd[3080]: [2010/05/09 20:02:52, 0] nsswitch/winbindd_passdb.c:sid_to_name(126)
20:02:52 winbindd[3080]:   Possible deadlock: Trying to lookup SID S-1-5-2 with passdb backend
20:16:21 freshclam[2901]: Received signal: wake up
20:16:21 freshclam[2901]: ClamAV update process started at Sun May  9 20:16:21 2010
20:16:21 freshclam[2901]: main.cld is up to date (version: 52, sigs: 704727, f-level: 44, builder: sven)
20:16:21 freshclam[2901]: daily.cld is up to date (version: 10946, sigs: 63625, f-level: 51, builder: guitar)
20:16:21 freshclam[2901]: bytecode.cld is up to date (version: 15, sigs: 2, f-level: 51, builder: nervous)
20:16:21 freshclam[2901]: --------------------------------------
20:29:50 winbindd[3080]: [2010/05/09 20:29:50, 0] nsswitch/winbindd_passdb.c:sid_to_name(126)
20:29:50 winbindd[3080]:   Possible deadlock: Trying to lookup SID S-1-1-0 with passdb backend
20:29:50 winbindd[3080]: [2010/05/09 20:29:50, 0] nsswitch/winbindd_passdb.c:sid_to_name(126)
20:29:50 winbindd[3080]:   Possible deadlock: Trying to lookup SID S-1-5-2 with passdb backend
20:29:52 winbindd[3080]: [2010/05/09 20:29:52, 0] nsswitch/winbindd_passdb.c:sid_to_name(126)
20:29:52 winbindd[3080]:   Possible deadlock: Trying to lookup SID S-1-1-0 with passdb backend
20:29:52 winbindd[3080]: [2010/05/09 20:29:52, 0] nsswitch/winbindd_passdb.c:sid_to_name(126)
20:29:52 winbindd[3080]:   Possible deadlock: Trying to lookup SID S-1-5-2 with passdb backend
20:29:55 winbindd[3080]: [2010/05/09 20:29:55, 0] nsswitch/winbindd_passdb.c:sid_to_name(126)
20:29:55 winbindd[3080]:   Possible deadlock: Trying to lookup SID S-1-1-0 with passdb backend
20:29:55 winbindd[3080]: [2010/05/09 20:29:55, 0] nsswitch/winbindd_passdb.c:sid_to_name(126)
20:29:55 winbindd[3080]:   Possible deadlock: Trying to lookup SID S-1-5-2 with passdb backend
20:29:56 winbindd[3080]: [2010/05/09 20:29:56, 0] nsswitch/winbindd_passdb.c:sid_to_name(126)
20:29:56 winbindd[3080]:   Possible deadlock: Trying to lookup SID S-1-1-0 with passdb backend
20:29:56 winbindd[3080]: [2010/05/09 20:29:56, 0] nsswitch/winbindd_passdb.c:sid_to_name(126)
20:29:56 winbindd[3080]:   Possible deadlock: Trying to lookup SID S-1-5-2 with passdb backend
******** 以降smbd-winbinddの繰り返しが続く ********
20:29:56 smbd[4512]: [2010/05/09 20:29:56, 0] libsmb/smbencrypt.c:decode_pw_buffer(553)
20:29:56 smbd[4512]:   decode_pw_buffer: incorrect password length (133222118).
20:29:56 smbd[4512]: [2010/05/09 20:29:56, 0] libsmb/smbencrypt.c:decode_pw_buffer(554)
20:29:56 smbd[4512]:   decode_pw_buffer: check that 'encrypt passwords = yes'
20:29:57 winbindd[3080]: [2010/05/09 20:29:57, 0] nsswitch/winbindd_passdb.c:sid_to_name(126)
20:29:57 winbindd[3080]:   Possible deadlock: Trying to lookup SID S-1-1-0 with passdb backend
20:29:57 winbindd[3080]: [2010/05/09 20:29:57, 0] nsswitch/winbindd_passdb.c:sid_to_name(126)
20:29:57 winbindd[3080]:   Possible deadlock: Trying to lookup SID S-1-5-2 with passdb backend
20:30:01 winbindd[3080]: [2010/05/09 20:30:01, 0] nsswitch/winbindd_passdb.c:sid_to_name(126)
20:30:01 winbindd[3080]:   Possible deadlock: Trying to lookup SID S-1-1-0 with passdb backend
20:30:01 winbindd[3080]: [2010/05/09 20:30:01, 0] nsswitch/winbindd_passdb.c:sid_to_name(126)
20:30:01 winbindd[3080]:   Possible deadlock: Trying to lookup SID S-1-5-2 with passdb backend
20:30:02 winbindd[3080]: [2010/05/09 20:30:02, 0] nsswitch/winbindd_passdb.c:sid_to_name(126)
20:30:02 winbindd[3080]:   Possible deadlock: Trying to lookup SID S-1-1-0 with passdb backend
20:30:02 winbindd[3080]: [2010/05/09 20:30:02, 0] nsswitch/winbindd_passdb.c:sid_to_name(126)
************************************
........(2~3秒に1回の周期で発生)
21:24:59 smbd[7366]: [2010/05/09 21:24:59, 0] libsmb/smbencrypt.c:decode_pw_buffer(553)
21:24:59 smbd[7366]:   decode_pw_buffer: incorrect password length (-1428069663).
21:24:59 smbd[7366]: [2010/05/09 21:24:59, 0] libsmb/smbencrypt.c:decode_pw_buffer(554)
21:24:59 smbd[7366]:   decode_pw_buffer: check that 'encrypt passwords = yes'
******** 今度はwinbindd内のループ *********
21:24:59 winbindd[3080]: [2010/05/09 21:24:59, 0] nsswitch/winbindd_passdb.c:sid_to_name(126)
21:24:59 winbindd[3080]:   Possible deadlock: Trying to lookup SID S-1-1-0 with passdb backend
21:24:59 winbindd[3080]: [2010/05/09 21:24:59, 0] nsswitch/winbindd_passdb.c:sid_to_name(126)
21:24:59 winbindd[3080]:   Possible deadlock: Trying to lookup SID S-1-5-2 with passdb backend
*******************************************
........(途中clamavがwakeupされてもこのループは終了しない。)
22:21:17 smbd[10198]: [2010/05/09 22:21:17, 0] lib/util_sock.c:read_data(534)
22:21:17 smbd[10198]:   read_data: read failure for 4 bytes to client 211.191.174.103. Error = 接続が相手
からリセットされました
........まだ続く
23:51:52 sshd: refused connect from ::ffff:218.27.198.220 (::ffff:218.27.198.220)
23:52:00 PAM_pwdb[10120]: (sshd) session closed for user kiyoeri
23:52:01 su(pam_unix)[10149]: session closed for user root
23:56:06 sshd: refused connect from ::ffff:69.25.178.103 (::ffff:69.25.178.103)
******** 以降このループは停止した。

secureログのサイズが、異常に膨れ上がっている事はなくログの内容も
異常が認められない。
-rw-------  1 root root   2665  5月 12 08:29 secure
-rw-------  1 root root   8437  5月  9 05:39 secure.1
-rw-------  1 root root   9700  5月  2 05:56 secure.2
-rw-------  1 root root   5836  4月 25 05:00 secure.3
-rw-------  1 root root 152815  4月 18 05:00 secure.4

# rpm -qa|grep samba
samba-swat-3.0.33-0.18.el4_8.1
system-config-samba-1.2.21-1.el4.1
samba-3.0.33-0.18.el4_8.1
samba-common-3.0.33-0.18.el4_8.1
samba-client-3.0.33-0.18.el4_8.1
# yum update samba
Could not find update match for samba
※バージョンアップもない。

# ./smb status
smbd (pid 3048 3043) を実行中...
nmbd (pid 3049) を実行中...
# ./smb restart
SMB サービスを停止中:                                      [  OK  ]
NMB サービスを停止中:                                      [  OK  ]
SMB サービスを起動中:                                      [  OK  ]
NMB サービスを起動中:                                      [  OK  ]

※samba再起動で様子をみる。

【過去のSambaに関する記事のリンク】
 CentOSのログが異常!
 Sambaの不審なログ
 Sambaのバージョンアップ
 CentOSダウン

2010年05月09日

httpd が停止していますが PID ファイルが残っています

Fedora9のWebサーバーが応答しなくなった。
# /etc/init.d/httpd status
httpd が停止していますが PID ファイルが残っています
# cat /var/run/httpd.pid
31773
# ps ax|grep 31773
7226 pts/3    S+     0:00 grep 31773
現在PIDは消滅している。
puttyもvncもFedora9は動作している。
過去に、CentOSでもこの症状が発生した。
参照:httpd pidファイルが残っています。
この時は、httpdをrestartしても復旧しないため、原因を調査したが結局判らず
PCを再起動して復旧した。
以降は、CentOSでは、発生していない。 Fedoraでは初めての症状だ。

httpdのaccess_logもerror_logも早朝の4時18分以降記録されていない。
-rw-r--r--  1 root root        0 2010-05-09 04:18 access_log
-rw-r--r--  1 root root 62809384 2010-04-18 04:17 access_log-20100418
-rw-r--r--  1 root root      248 2010-05-09 04:18 error_log
-rw-r--r--  1 root root   653926 2010-04-18 04:18 error_log-20100418

[messages]
Apr 18 04:18:45 kernel: Kernel logging (proc) stopped.
May  9 04:18:49 kernel: imklog 3.20.2, log source = /proc/kmsg started.
May  9 04:18:49 rsyslogd: [origin software="rsyslogd" swVersion="3.20.2" x-pid="1349" x-info="http://www.rsyslog.com"] restart

ちょうど1週間に1回のログのローテーションが行われた時刻のようだ。
参考記事:Fedoraがrebootされる設定になっていた。
この時には、VNCが応答をしていなかったので症状がちょっと違う。

# /etc/init.d/httpd restart
httpd を停止中:                                            [失敗]
httpd を起動中: [Sun May 09 06:45:17 2010] [crit] (17)File exists: Failed to create shared memory segment for backend 'XXGLOBAL'
                                                           [  OK  ]
# /etc/init.d/httpd status
httpd は停止していますがサブシステムがロックされています
# ls -la /var/lock/subsys/httpd
-rw-r--r-- 1 root root    0 2010-05-09 06:47 httpd
# rm /var/lock/subsys/httpd
# /etc/init.d/httpd status
httpd は停止しています
# /etc/init.d/httpd start
httpd を起動中: [Sun May 09 06:54:33 2010] [crit] (17)File exists: Failed to create shared memory segment for backend 'XXGLOBAL'
                                                           [  OK  ]
[root@kiyoeri subsys]# /etc/init.d/httpd status
httpd (pid 8259 8258 8257 8256 8255 8254 8253 8252 8244 8242) を実行中...

これで、RebootすることなくWebサーバーが立ち上がった。

ログで気になった、「File exists: Failed to create shared memory segment
for backend 'XXGLOBAL'」を調べると、mod_monoで発生しているようだ。
monoはLinuxで動く.NET環境であり、mod_monoはApache用のモジュールだ。
Fedora9には確かにインストールしたが、Webサーバーではコンテンツとして使用
していないはずなのだが.....

これで様子を見ることにする。

2010年04月09日

PREタグの確認

MT4.2でPREタグの確認を行ったので、MT3.3でもやってみる。
MT4.2の「PREタグの挿入」の記事をコピー&ペーストすると以下のようになる。
============================================

いろいろなCMSのPREタグの扱いを調べている。
このMovableTypeではエディタに「html」ボタンがあるので、挿入できるか
どうか確認する。

PRE区間の文字列です。エスケープ文字<>#%なども表示できます。文字の属性(色、サイズ、フォントなど)は通常の編集モードでも変更できます。
ちゃんとPREタグが挿入されている。
リッチテキストモードの編集で文字のプロパティも変更できる。
ただ、PREタグの文章だという事が一目瞭然には判らないので編集で何らかの
工夫が必要である。
ここから更なる確認。
再び「リッチテキスト」モードに戻して編集を行う。



=========================================
水平線<hr>の表示は、エディタが「リッチテキスト」モードでもちゃんとできる。

<hr>
スペースや改行は、「リッチテキスト」モードでは当然ちゃんと表示される。

実際のhtmlソースコードを貼り付けてみる。


<html>
  <head>
  <meta http-equiv="content-type" content="text/html;charset=Shift_JIS">
     <title>test.html</title>
  </head>
  <body>
     <form method="POST" action="hoge.php">
        なまえ:<input type="text" name="name"><br>
        ねんれい:<input type="text" name="age"><br>
        <input type="submit" value="送信">
     </form>
  </body>
</html>

ん?

「リッチテキスト」モードでも、特殊記号もインデントもちゃんと表示できている。
MT4.2ではDon't Careのようだ。

=================================================

・PREタグで作成した文字が、MT3.3の編集画面では表示されない。
・htmlの編集モードでも同様に表示されない。
・PREタグ内の改行とスペース文字が削除されてしまっている。
・文字色は引き継がれている。

ここから、html編集モードでPREタグを挿入してみる。

PRE区間の文字列です。エスケープ文字<>#%なども表示できます。文字の属性(色、サイズ、フォントなど)は通常の編集モードでも変更できます。
やはり、改行やスペースが削除されてしまう。
 

2010年04月04日

Clamav バージョンUp通知

Clamavのバージョンアップの通知が入ってきた。
[/var/log/clamav/freshclam.log]
ClamAV update process started at Thu Apr  1 07:35:37 2010
WARNING: Your ClamAV installation is OUTDATED!
WARNING: Local version: 0.95.3 Recommended version: 0.96
DON'T PANIC! Readhttp://www.clamav.net/support/faq

0.95.3が0.96にバージョンアップされるようなので、yumで確認してみる。

#yum update clamav
.....
Updated: clamav.i386 0:0.96-1.el4.rf
Dependency Updated: clamav-devel.i386 0:0.96-1.el4.rf
Complete!

Updateが反映された。
4月1日にUpdate通知があり、今日(4月4日)にはyumでUpdateできた。

ClamavのUpdate通知を監視して、yumでUpdateのTryをすればよいようだ。
yumでUpdateの準備ができていなかったらログが続くだけなので問題はない。

適切にこのUpdate時期を検出しなければならないのがポイントだ。
かねてから、このバージョンアップのTry処理がCentOSのログのローテーション処理と重なり
負荷が重くなり、Oops!が発生していた。

過去のログを調べてみる。
日付情報が同一行にないのでgrepにBオプションを使用した。
※-B 2 のオプションで一致行からさかのぼった2行も表示する。
#grep -B 2 Recommended freshclam.log
・・・・
--
ClamAV update process started at Sun May 24 04:17:36 2009
WARNING: Your ClamAV installation is OUTDATED!
WARNING: Local version: 0.93 Recommended version: 0.95.1

過去のログからRecommended指示が出始めた時期を抽出する。

#grep -B 2 'Local version: 0.95.3' freshclam.log|head -3
ClamAV update process started at Thu Apr  1 07:35:37 2010
WARNING: Your ClamAV installation is OUTDATED!
WARNING: Local version: 0.95.3 Recommended version: 0.96

※-B 2 で一致前2行も表示する。
※スペースを含む文字列「Local version: 0.95.3」を検索するためその文字列の前後に
 クォーテーションマークを入れる。
※一致した先頭情報のみを抽出したいために、head -3(先頭3行のみ表示)のパイプ処理をする。


ログがローテーションされているので、ログファイル名とバージョン値を変更して上記処理を行った。
May  4 03:00:03 2009 : version: 0.93 Recommended version: 0.95.1
Jun 11 06:06:45 2009 : version: 0.95.1 Recommended version: 0.95.2
Oct 29 03:00:02 2009 : version: 0.95.2 Recommended version: 0.95.3
Apr  1 09:35:48 2010  : version: 0.95.3 Recommended version: 0.96

今後は、以下のgrepコマンドでHitするのを待てばよい。
#grep -B 2 'Local version: 0.96' freshclam.log|head -3

2010年03月11日

CentOSまた再起動

今朝、#free コマンドでCentOSのフリーメモリをチェックしていた時、いつもは
500~600MBぐらいの値が表示されるのだが、950MBとかなり余裕のある値に
なっている。
さては、Reboot したかと思い、messagesログを調べると早朝5時30分頃に、
Rebootした記録が残っている。

[messages]
Mar 11 05:02:29 freshclam[21435]: daily.cld is up to date (version: 10549, sigs: 22683, f-level: 44, builder: acab)
Mar 11 05:21:47 sshd: refused connect from ::ffff:221.195.68.74 (::ffff:221.195.68.74)
Mar 11 05:29:52 kernel: Unable to handle kernel NULL pointer dereference at virtual address 0000003c
Mar 11 05:29:52 kernel:  printing eip:
Mar 11 05:29:52 kernel: c018b55d
Mar 11 05:29:52 kernel: *pde = 00000000
Mar 11 05:29:52 kernel: Oops: 0000 [#1]
Mar 11 05:29:52 kernel: Modules linked in: nfsd exportfs lockd nfs_acl sunrpc iptable_filter ip_tables
button battery ac md5 ipv6 ohci1394 ieee1394 yenta_socket pcmcia_core uhci_hcd snd_intel8x0m snd_intel8x0 snd_ac97_codec snd_pcm_oss snd_mixer_oss snd_pcm snd_timer
snd_page_alloc gameport snd_mpu401_uart snd_rawmidi snd_seq_device snd soundcore e100
mii floppy dm_snapshot dm_zero dm_mirror ext3 jbd dm_mod ata_piix libata sd_mod scsi_mod

・clamavの更新が入っているが、/var/log/clamav/freshclam.logには別段
 異常のログは見受けられない。

・/var/log/mysqld.log も異常なログはあがっていない。

Clamavのバージョンアップが、近づくと発生しやすいような気がする。
様子を見る。

2010年02月12日

今度は、CenOSが自動再起動

そもそも気が付いたのは、毎朝 #free コマンドでメモリーの消費量をチェックして
いるのだが、メモリーがSwap/Freeで1GBもあり余裕ある状態になっており、
いつも逼迫している状態と違っていた。
いつもは500MB程度でアップアップしていたのに......
# free
             total       used       free     shared    buffers     cached
Mem:        514304     507368       6936          0      25184      68076
-/+ buffers/cache:     414108     100196
Swap:      1048568       2340    1046228

ログを調査すると、やはり再起動がかかっている。
ClamavのUpdate Processが続く。
........
Feb 12 06:47:06 sshd: refused connect from ::ffff:202.134.18.115 (::ffff:202.134.18.115)
Feb 12 06:47:39 last message repeated 10 times
Feb 12 06:48:44 last message repeated 21 times
Feb 12 06:48:56 last message repeated 5 times
Feb 12 07:33:34 kernel: Unable to handle kernel paging request at virtual address 0a7a7b00
Feb 12 07:33:34 kernel:  printing eip:
Feb 12 07:33:34 kernel: c018d5ae
Feb 12 07:33:34 kernel: *pde = 00000000
Feb 12 07:33:34 kernel: Oops: 0000 [#1]


原因は、不明だが。
last message repeated が気にかかる。
これは、直前のログである、sshdの"refused connect" が連続して続いた
という事なのだろう。
IPアドレス:202.134.18.115 の確認を行う。
whoisで確認する。
person:       Pham Cong Liem
address:      66-68 Vo Van Tan St.
              HoChiMinh City
              Vietnam
ベトナムからだ。

sshdのSpamなのだろうか?
このIPアドレスは、secureログにも、access_logにもerror_logにも
あがってはいない。

2010年02月11日

自動再起動がかかった。

Windowsでまた再起動が自動的にかかったようだ。
2010.02.11 03:00 頃からWindows Updateが自動的に始まり
Update後にPCが再起動された模様。
今朝も特に問題なく動作している。

・Vistaでの形跡



更新履歴を表示する。



・Winwos2000の場合は、更新履歴のみの形跡

2010年01月23日

CentOSのログが異常!

/var/log/messagesのサイズが異常に増えている。

-rw-------   1 root     root     148144749  1月 23 07:00 messages
-rw-------   1 root     root        496617  1月 17 04:57 messages.1
-rw-------   1 root     root        563710  1月 10 05:03 messages.2
-rw-------   1 root     root        929045  1月  3 04:50 messages.3
-rw-------   1 root     root        870298 12月 27 04:50 messages.4

内容を見ると、Sambaのログが増えている。
以前もこのような状態があった。
Sambaの不審なログ
今回も同じ内容のようだがIPアドレスは違っている。
Jan 21 14:05:43 smbd[17230]: [2010/01/21 14:05:43, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
Jan 21 14:05:43 smbd[17230]:   rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service asr_34710.exe
Jan 21 14:05:43 winbindd[3060]: [2010/01/21 14:05:43, 0] nsswitch/winbindd_passdb.c:sid_to_name(130)
Jan 21 14:05:43 winbindd[3060]:   Possible deadlock: Trying to lookup SID S-1-1-0 with passdb backend
Jan 21 14:05:43 winbindd[3060]: [2010/01/21 14:05:43, 0] nsswitch/winbindd_passdb.c:sid_to_name(130)
Jan 21 14:05:43 winbindd[3060]:   Possible deadlock: Trying to lookup SID S-1-5-2 with passdb backend
・・・・1秒に3~4回の繰り返しがこの時刻を始めに、Jan 22 00:53:37まで続いていた。

# whois 61.125.147.113
Network Information:
a. [Network Number]             61.125.144.0/22
b. [Network Name]               Z-LAN
g. [Organization]               ZTV CO.,LTD
m. [Administrative Contact]     TN1329JP
n. [Technical Contact]          TN1329JP
n. [Technical Contact]          YT2812JP
p. [Nameserver]                 ns1.ztv.ad.jp
p. [Nameserver]                 ns2.ztv.ad.jp
p. [Nameserver]                 ns3.ztv.ad.jp
[Assigned Date]                 2001/03/02
[Return Date]
[Last Update]                   2008/09/24 08:47:06(JST)

国内からのようだ。
# cat /var/log/samba/rktaxi-icbg1lvk.log
[2010/01/22 00:53:28, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service windows$
[2010/01/22 00:53:28, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service windows$
[2010/01/22 00:53:28, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service winnt$
[2010/01/22 00:53:28, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service winnt$
[2010/01/22 00:53:29, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service mysql$
[2010/01/22 00:53:29, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service mysql$
[2010/01/22 00:53:29, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service mssql$
[2010/01/22 00:53:29, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service mssql$
[2010/01/22 00:53:29, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service drivec$
[2010/01/22 00:53:29, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service drivec$
[2010/01/22 00:53:29, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service browser$
[2010/01/22 00:53:29, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service browser$
[2010/01/22 00:53:30, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service device0$
[2010/01/22 00:53:30, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service device0$
[2010/01/22 00:53:30, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service (null)
[2010/01/22 00:53:30, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service (null)
[2010/01/22 00:53:31, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service asr_53648.exe
[2010/01/22 00:53:31, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service asr_53648.exe
[2010/01/22 00:53:31, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service admin$
[2010/01/22 00:53:31, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service admin$
[2010/01/22 00:53:31, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service print$
[2010/01/22 00:53:31, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service print$
[2010/01/22 00:53:31, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service s$
[2010/01/22 00:53:32, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service s$
[2010/01/22 00:53:32, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service netlogon$
[2010/01/22 00:53:32, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service netlogon$
[2010/01/22 00:53:32, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service b$
[2010/01/22 00:53:32, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service b$
[2010/01/22 00:53:32, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service c$
[2010/01/22 00:53:32, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service c$
[2010/01/22 00:53:33, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service d$
[2010/01/22 00:53:33, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service d$
[2010/01/22 00:53:33, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service e$
[2010/01/22 00:53:33, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service e$
[2010/01/22 00:53:33, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service f$
[2010/01/22 00:53:33, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service f$
[2010/01/22 00:53:33, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service g$
[2010/01/22 00:53:34, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service g$
[2010/01/22 00:53:34, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service h$
[2010/01/22 00:53:34, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service h$
[2010/01/22 00:53:34, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service i$
[2010/01/22 00:53:34, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service i$
[2010/01/22 00:53:34, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service j$
[2010/01/22 00:53:34, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service j$
[2010/01/22 00:53:34, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service k$
[2010/01/22 00:53:35, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service k$
[2010/01/22 00:53:35, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service l$
[2010/01/22 00:53:35, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service l$
[2010/01/22 00:53:35, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service m$
[2010/01/22 00:53:35, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service m$
[2010/01/22 00:53:35, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service n$
[2010/01/22 00:53:35, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service n$
[2010/01/22 00:53:36, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service o$
[2010/01/22 00:53:36, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service o$
[2010/01/22 00:53:36, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service p$
[2010/01/22 00:53:36, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service p$
[2010/01/22 00:53:36, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service q$
[2010/01/22 00:53:36, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service q$
[2010/01/22 00:53:36, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service r$
[2010/01/22 00:53:37, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service r$
[2010/01/22 00:53:37, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service t$
[2010/01/22 00:53:37, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service t$
[2010/01/22 00:53:37, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service u$
[2010/01/22 00:53:37, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service u$
[2010/01/22 00:53:37, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service v$
[2010/01/22 00:53:37, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service v$
[2010/01/22 00:53:37, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
  rktaxi-icbg1lvk (61.125.147.113) couldn't find service w$

サンバのバージョンを確認
# rpm -qa|grep samba
samba-common-3.0.28-0.el4.9
samba-swat-3.0.28-0.el4.9
samba-client-3.0.28-0.el4.9
system-config-samba-1.2.21-1.el4.1
samba-3.0.28-0.el4.9

サンバのアップデートを試みる。
# yum update samba
・・・・
Resolving Dependencies
--> Populating transaction set with selected packages. Please wait.
---> Downloading header for samba to pack into transaction set.
samba-3.0.33-0.18.el4_8.1 100% |=========================| 110 kB    00:00
---> Package samba.i386 0:3.0.33-0.18.el4_8.1 set to be updated
--> Running transaction check
--> Processing Dependency: samba = 0:3.0.28 for package: samba-swat
セグメンテーション違反です

Reboot して再度Tryしたら今度は成功!
Updated: samba.i386 0:3.0.33-0.18.el4_8.1
Dependency Updated: samba-client.i386 0:3.0.33-0.18.el4_8.1 samba-common.i386 0:3.0.33-0.18.el4_8.1 samba-swat.i386 0:3.0.33-0.18.el4_8.1
Complete!

これで様子をみるか.....

2010年01月20日

ping応答無し

朝からCentOSの応答がない。
Fedora9のwebttyにブラウザにはアクセス出来たので、ルータ内のマシンの状況を
調べる事にした。
Pingを打つと、その他のルータ内のマシンFedora9,Win2k,Ubuntu,VMWin2k,Vistaは
正常に応答が返ってくるが、CentOSのみTimeOutになる。
昨日の深夜は正常に動作していた。
DynamicDNSの更新もされていない。
Clamavの新しいバージョンへのUpdate処理が入ってきたのだろうか?
ここにきて、WebメニューがCentOSのWeb経由で表示されている事が
このような状態になって、ブラウズ出来ない時に足かせになる。
(※いちいち個別のサーバーのURLを覚えていない。)
前から、CentOSがダウンした時には、Fedora9でCentOSのWebメニューを
代替する処置を講じて置けばよかったとその都度思うのだが.....

帰宅して、CentOSのコンソールを見るとログインできる。
httpdのプロセスは起動しているようだ。
freeコマンドでメモリーの消費量を見るが、1043516Kあり、どうも再起動したのかもしれない。
しかし、他のPCからpingを打ってもCentOSの応答がない。
reboot したらping出来るようになり、Webもブラウズできるようになったのでログを確認する。

[var/log/messages]
Jan 20 05:25:27 kiyoeri freshclam[2901]: daily.cld is up to date (version: 10313, sigs: 155335, f-level: 44, builder: ccordes)
Jan 20 05:25:27 kiyoeri freshclam[2901]: --------------------------------------
Jan 20 05:40:59 kiyoeri nmbd[3050]: [2010/01/20 05:40:59, 0] nmbd/nmbd.c:process(559)
Jan 20 05:40:59 kiyoeri nmbd[3050]:   Got SIGHUP dumping debug info.
Jan 20 05:40:59 kiyoeri nmbd[3050]: [2010/01/20 05:40:59, 0] nmbd/nmbd_workgroupdb.c:dump_workgroups(282)
Jan 20 05:40:59 kiyoeri nmbd[3050]:   dump_workgroups()
Jan 20 05:40:59 kiyoeri nmbd[3050]:    dump workgroup on subnet   192.168.2.101: netmask=  255.255.255.0:
Jan 20 05:40:59 kiyoeri nmbd[3050]:     WORKGROUP(1) current master browser = CENTVM
Jan 20 05:40:59 kiyoeri nmbd[3050]:             VAIO 40819a03 (Samba Cent)
Jan 20 05:40:59 kiyoeri nmbd[3050]:             CENTVM 40049a03 (Samba CentVM)
.....
Jan 20 07:08:42 kiyoeri kernel: Unable to handle kernel NULL pointer dereference at virtual address 00000072
Jan 20 07:08:42 kiyoeri kernel:  printing eip:
Jan 20 07:08:42 kiyoeri kernel: c018d5ae
Jan 20 07:08:42 kiyoeri kernel: *pde = 0a4df067
Jan 20 07:08:42 kiyoeri kernel: Oops: 0000 [#1]
Jan 20 07:08:42 kiyoeri kernel: Modules linked in: nfsd exportfs lockd nfs_acl sunrpc iptable_filter ip_tables button battery ac md5 ipv6 ohci1394 ieee1394 yenta_socket pcmcia_core uhci_hcd snd_intel8x0m snd_intel8x0 snd_ac97_codec snd_pcm_oss snd_mixer_oss snd_pcm snd_timer snd_page_alloc gameport snd_mpu401_uart snd_rawmidi snd_seq_device snd soundcore e100 mii floppy dm_snapshot dm_zero dm_mirror ext3 jbd dm_mod ata_piix libata sd_mod scsi_mod
Jan 20 07:08:42 kiyoeri kernel: CPU:    0
Jan 20 07:08:42 kiyoeri kernel: EIP:    0060:[<c018d5ae>]    Not tainted VLI
Jan 20 07:08:42 kiyoeri kernel: EFLAGS: 00010202   (2.6.9-67.0.7.plus.c4)
Jan 20 07:08:42 kiyoeri kernel: EIP is at iput+0x25/0x61
Jan 20 07:08:42 kiyoeri kernel: eax: 0000005e   ebx: ccf6fb00   ecx: ccf6fb10   edx: ccf6fb10
Jan 20 07:08:42 kiyoeri kernel: esi: ccf6fb00   edi: deda5040   ebp: 00000056   esp: c156eee4
Jan 20 07:08:42 kiyoeri kernel: ds: 007b   es: 007b   ss: 0068
Jan 20 07:08:43 kiyoeri kernel: Process kswapd0 (pid: 44, threadinfo=c156e000 task=c153c050)
Jan 20 07:08:43 kiyoeri kernel: Stack: ccf6eb70 c0187d8c 00000000 00000000 00000082 00000000 dfcee9e0 c0188841
Jan 20 07:08:43 kiyoeri kernel:        c0156f87 000b0900 00000000 00000006 00000000 0001bc1f 000000d0 00000020
Jan 20 07:08:43 kiyoeri kernel:        c0382dc0 00000000 c0382dc0 00000001 c015871f 00000017 0001bc1f c156ef9c
Jan 20 07:08:43 kiyoeri kernel: Call Trace:
Jan 20 07:08:43 kiyoeri kernel:  [<c0187d8c>] prune_dcache+0x50d/0x70c
Jan 20 07:08:43 kiyoeri kernel:  [<c0188841>] shrink_dcache_memory+0x16/0x2d
Jan 20 07:08:43 kiyoeri kernel:  [<c0156f87>] shrink_slab+0xf7/0x14c
Jan 20 07:08:43 kiyoeri kernel:  [<c015871f>] balance_pgdat+0x1c9/0x2e8
Jan 20 07:08:43 kiyoeri kernel:  [<c01588f7>] kswapd+0xb9/0xbb
Jan 20 07:08:43 kiyoeri kernel:  [<c0121877>] autoremove_wake_function+0x0/0x2d
Jan 20 07:08:43 kiyoeri kernel:  [<c032be46>] ret_from_fork+0x6/0x14
Jan 20 07:08:43 kiyoeri kernel:  [<c0121877>] autoremove_wake_function+0x0/0x2d
Jan 20 07:08:43 kiyoeri kernel:  [<c015883e>] kswapd+0x0/0xbb
Jan 20 07:08:43 kiyoeri kernel:  [<c01041dd>] kernel_thread_helper+0x5/0xb
Jan 20 07:08:43 kiyoeri kernel: Code: ff e9 6b fd ff ff 53 85 c0 89 c3 74 58 83 bb 9c 01 00 00 20 8b 80 d4 00 00 00 8b 40 24 75 08 0f 0b 6b 04 9f 45 34 c0 85 c0 74 0b <8b> 50 14 85 d2 74 04 89 d8 ff d2 8d 43 1c ba 50 46 38 c0 e8 e2
Jan 20 07:08:43 kiyoeri kernel:  <0>Fatal exception: panic in 5 seconds
Jan 20 07:10:13 kiyoeri syslogd 1.4.1: restart.
Jan 20 07:10:13 kiyoeri syslog: syslogd 起動 succeeded
..... ※ 再起動が自動的にかかったが
Jan 20 07:30:57 kiyoeri freshclam[2843]: Update failed. Your network may be down or none of the mirrors listed in /etc/freshclam.conf is working. Checkhttp://www.clamav.net/support/mirror-problemfor possible reasons.
Jan 20 07:30:57 kiyoeri freshclam[2843]: --------------------------------------
Jan 20 07:31:51 kiyoeri ntpd[2660]: getaddrinfo: "clock2.redhat.com" invalid host address, ignored
Jan 20 07:32:55 kiyoeri kernel: NETDEV WATCHDOG: eth0: transmit timed out
Jan 20 07:32:55 kiyoeri kernel: e100: eth0: e100_watchdog: link up, 100Mbps, full-duplex
Jan 20 07:34:31 kiyoeri ntpd[2660]: getaddrinfo: "ntp.t.ring.gr.jp" invalid host address, ignored
Jan 20 07:38:57 kiyoeri ddclient[2834]: WARNING:  cannot connect to checkip.dyndns.org:80 socket: IO::Socket::INET: connect: ホストへの経路がありません
Jan 20 07:49:42 kiyoeri ddclient[2834]: WARNING:  cannot connect to checkip.dyndns.org:80 socket: IO::Socket::INET: Bad hostname 'checkip.dyndns.org'

※以降、cannot connect to checkip.dyndns.org:80 が続きっぱなしの状況が続く。
※帰宅後、reboot
Jan 20 18:23:47 kiyoeri syslogd 1.4.1: restart.

[/var/log/clamav/freshclam.log]
--------------------------------------
ClamAV update process started at Wed Jan 20 05:05:31 2010
main.cvd is up to date (version: 51, sigs: 545035, f-level: 42, builder: sven)
Trying host db.jp.clamav.net (219.94.128.99)...
Downloading daily-10313.cdiff [100%]
daily.cld updated (version: 10313, sigs: 155335, f-level: 44, builder: ccordes)
Database updated (700370 signatures) from db.jp.clamav.net (IP: 219.94.128.99)
WARNING: Clamd was NOT notified: No socket specified in /etc/clamd.conf
Received signal: wake up
ClamAV update process started at Wed Jan 20 05:25:26 2010
main.cvd is up to date (version: 51, sigs: 545035, f-level: 42, builder: sven)
daily.cld is up to date (version: 10313, sigs: 155335, f-level: 44, builder: ccordes)
--------------------------------------
--------------------------------------
freshclam daemon 0.95.3 (OS: linux-gnu, ARCH: i386, CPU: i386)
※ClamAV update process started at Wed Jan 20 07:18:31 2010
WARNING: Can't query current.cvd.clamav.net
WARNING: Invalid DNS reply. Falling back to HTTP mode.
Reading CVD header (main.cvd): WARNING: Can't get information about db.jp.clamav.net: Name or service not known
WARNING: Can't read main.cvd header from db.jp.clamav.net (IP: )
Trying again in 5 secs...

以降※ 5 sec のTryが続く。

------- 手動で reboot -------

freshclam daemon 0.95.3 (OS: linux-gnu, ARCH: i386, CPU: i386)
ClamAV update process started at Wed Jan 20 18:24:09 2010
main.cvd is up to date (version: 51, sigs: 545035, f-level: 42, builder: sven)
Trying host db.jp.clamav.net (219.94.128.99)...
Downloading daily-10314.cdiff [100%]
Downloading daily-10315.cdiff [100%]
Downloading daily-10316.cdiff [100%]
daily.cld updated (version: 10316, sigs: 156763, f-level: 44, builder: ccordes)
Database updated (701798 signatures) from db.jp.clamav.net (IP: 219.94.128.99)
WARNING: Clamd was NOT notified: No socket specified in /etc/clamd.conf
--------------------------------------

手動で、reboot後は、Trying again in 5 secs...が出なくなった。

いずれにしてもClamavが絡んでいるのは確かだ。

どうもこの行が気になる。
WARNING: Clamd was NOT notified: No socket specified in /etc/clamd.conf

[/etc/clamd.conf]
#socket 3310
#User clamav
#DetectBrokenExecutables yes
#ArchiveBlockEncrypted no

全てコメントになっている。
以下の行を追加して様子を見る。

#作業用ディレクトリを /tmp にする。
TemporaryDirectory/tmp                                 
#ローカルソケットの位置を指定する。
LocalSocket/var/run/clamav/clamd.socket

その後、freshclam.logは、
WARNING: Clamd was NOT notified: Can't connect to clamd through /var/run/clamav/clamd.socket
に変わった。

2009年12月30日

長時間停電

今日12/30日、長時間の停電があった。
CentOSのログで約1時間20分程度、停電-復電を4回ほど繰り返した。

Dec 30 14:34:28 kiyoeri freshclam[5129]: --------------------------------------
**** 停電、復電を繰り返す。****
Dec 30 15:58:30 kiyoeri syslogd 1.4.1: restart.

冬場になると、決まって「雪おこし」の雷が鳴ると、瞬停したものだが、
こんなに、長時間停電したのはこの家に20年ほど住んでいるが初めてだ。
中国電力のサイトを覗いても停電情報は出ていない。
いざ、停電になると「サーバー」の他に、「お風呂」「トイレ」も今では使えなくなってしまった。
おまけに、「床暖房」もガスで温めているとはいえ、コントローラが電気で動くのでこれも使
えない。
石油ストーブを今年はまだ、出していなかったので、寒さに震えながら復電を待った。

復電した後も、照明がちらつくことがあるのでまだ油断は出来ないが、そうもいっていられ
ないのでさっそく復電後の対応をとる。

①今後のための復電のための備忘録
・ADSL Modem、         : 自動復帰
・BB-Router            : 自動復帰
・CentOS              : 手動Power On
・eMachine             : 手動Power On
・Vista                : 手動Power On
・Win2k               : 自動復帰
・Mac-mini             : 手動Power On
・Fedora               : 手動Power On 、SSHはOK、手動でvncserver起動
・VM Machine           : 自動Poer On
             ◆Virtual Machine(VM)はVM Ware Server Consoleで再起動
・Ubuntu(VM)           : 手動Power On、SSHはOK、手動でvncserver起動
・VMWin2k(VM)         : 手動Power On
             ◆VM Ware Server Consoleを閉じる。

すると、また停電が発生した。

Dec 30 16:35:59 kiyoeri winbindd[3111]:   Possible deadlock: Trying to lookup SID S-1-5-2 with passdb backend
**** 停電、復電1回のみ。****
Dec 30 17:12:22 kiyoeri syslogd 1.4.1: restart.

今度は、1回で復電したが、ネットワークが外部から接続できない。
BB-ルータをPower Resetしてから①の処理を行って正常に復旧した。

地域的な停電のようだが、「雪おこし」のような雷は鳴っていなかった。
まったく、中国電力はどうなっているんだろう。
実質、1時間以上も停電しているのに、ホームページを見ても停電の報告もない。

■停電の問い合わせ
最寄の停電の問い合わせ先
0120-181-210
停電の問い合わせ     :1番
・料金その他の問い合わせ:3番
・営業時間外の問い合わせ :7番


2009年12月14日

Spam書き込み?

最近だが、自サイトCentOS:pukiwikiplusに異常な書き込みが目立つ。
新規で「oracle+sql+tips」のような表題でテスト用文字らしき、「ああああ」など
が聞き込まれている。
2009.12.14 13:50 に最新の書き込みを発見。
削除したあとログを調べ、同一者の可能性があれば、.htaccessでアクセス禁止に
してやろう。

# grep 'POST.*pukiwikiplus.*HTTP/1.[01]" 200' /var/log/httpd/access_log|tail
 74.86.238.186 - - [13/Dec/2009:18:52:31 +0900] "POST /~kiyoeri/pukiwikiplus/?
  tb_id=7237cf8c22afe874fbaab085297ae368 HTTP/1.0" 200 81
 74.86.238.186 - - [13/Dec/2009:19:04:11 +0900] "POST /~kiyoeri/pukiwikiplus/?
  tb_id=5b01aa1380612fd0b98ebfa4248786d6 HTTP/1.0" 200 81 "-"
 74.86.238.186 - - [13/Dec/2009:19:05:11 +0900] "POST /~kiyoeri/pukiwikiplus/?
  tb_id=f404c3ff0acc0e9d1e15020ed7eec840 HTTP/1.0" 200 81 "-"
 206.51.226.198 - - [13/Dec/2009:22:03:34 +0900] "POST /~kiyoeri/pukiwikiplus/?
  tb_id=e5843734101109619d9a64c2abf60404 HTTP/1.0" 200 81 "-"
 69.72.202.186 - - [14/Dec/2009:07:59:05 +0900] "POST /~kiyoeri/pukiwikiplus/?
  tb_id=e5843734101109619d9a64c2abf60404 HTTP/1.0" 200 81 "-" 
 203.141.92.14 - - [14/Dec/2009:11:23:58 +0900] "POST /~kiyoeri/pukiwikiplus/
  HTTP/1.1" 200 3945
 222.147.190.212 - - [14/Dec/2009:13:50:03 +0900] "POST /~kiyoeri/pukiwikiplus/
  HTTP/1.1" 200 8892
 222.147.190.212 - - [14/Dec/2009:13:50:08 +0900] "POST /~kiyoeri/pukiwikiplus/
  HTTP/1.1" 200 8850
 202.248.73.112 - - [14/Dec/2009:14:27:22 +0900] "POST /~kiyoeri/pukiwikiplus/
  HTTP/1.0" 200 4135  ※気が付いて記事を消した。

このIPアドレス222.147.190.212は、whoisで調べると、JPの Open Computer Network

他の書き込みはなかったかどうかログを調べる。

時刻 IPアドレス 内容 備考
14/Dec/2009:14:27:22 ----  書き込みに気付き、記事を削除 自サイト
14/Dec/2009:13:50:08 222.147.190.212 Spam書き込み Open Computer Network
14/Dec/2009:13:50:03 222.147.190.212 Spam書き込み Open Computer Network
14/Dec/2009:11:23:58 203.141.92.14   IBM
14/Dec/2009:07:59:05 69.72.202.186   Cirtex-Corp
13/Dec/2009:22:03:34 206.51.226.198   SA:Khaled Alajlan
13/Dec/2009:19:05:11 74.86.238.186 ※過去2週間で最頻 CA:SOFTLAYER-74
13/Dec/2009:19:04:11 74.86.238.186 ※過去2週間で最頻  CA:SOFTLAYER-74
       
       

※過去2週間で74,86,238,186のIPアドレスが最もアクセスが多かったが、短時間で
 集中したアクセスは行われていない。
※Spamアクセスは見当たらないようだ。 セキュリティホールがあるのだろうか?

2009年11月20日

httpd pidファイルが残っています。

朝、CentOSのhttpdをrestartさせたら、以後httpdが立ち上がらなくなった。
表面上の原因は、httpdのpidファイルが残ったままの状態になったため。
真の原因は、ログなどから追跡していくしかない。
以下は、その悪戦苦闘したコンソールの軌跡。

■コンソールの内容
# /etc/init.d/httpd restart
httpd を停止中:                                            [失敗]
httpd を起動中:                                            [  OK  ]
# ps ax|grep httpd
  502 pts/1    S+     0:00 grep httpd
# /etc/init.d/httpd status
httpd が停止していますが PID ファイルが残っています
# /etc/init.d/httpd help
Usage: /usr/sbin/httpd [-D name] [-d directory] [-f file]
                       [-C "directive"] [-c "directive"]
                       [-k start|restart|graceful|stop]
                       [-v] [-V] [-h] [-l] [-L] [-t] [-S]
Options:
  -D name           : define a name for use in <IfDefine name> directives
  -d directory      : specify an alternate initial ServerRoot
  -f file           : specify an alternate ServerConfigFile
  -C "directive"    : process directive before reading config files
  -c "directive"    : process directive after reading config files
  -e level          : show startup errors of level (see LogLevel)
  -E file           : log startup errors to file
  -v                : show version number
  -V                : show compile settings
  -h                : list available command line options (this page)
  -l                : list compiled in modules
  -L                : list available configuration directives
  -t -D DUMP_VHOSTS : show parsed settings (currently only vhost settings)
  -S                : a synonym for -t -D DUMP_VHOSTS
  -t                : run syntax check for config files
# ps ax|grep httpd
  515 pts/1    R+     0:00 grep httpd
# /etc/init.d/httpd status
httpd が停止していますが PID ファイルが残っています
# /etc/init.d/httpd start
httpd を起動中:                                            [  OK  ]
# ps ax|grep httpd
  538 pts/1    S+     0:00 grep httpd

# cd /var/run
# cat httpd.pid
528
# pidof httpd

# pidof logrotate

# pidof mysqld
382
# ps -p 528
  PID TTY          TIME CMD
# ps -p 338
  PID TTY          TIME CMD
  338 ?        00:00:00 mysqld_safe

# ps alx    全てのプロセスを表示
F   UID   PID  PPID PRI  NI   VSZ  RSS WCHAN  STAT TTY        TIME COMMAND
4     0     1     0  16   0  1700  384 select S    ?          0:04 init [5]
1     0     2     1  34  19     0    0 ksofti SN   ?          0:02 [ksoftirqd/0]
.....
# ps alx|grep 528
4     0   572   447  17   0  5972  712 pipe_w S+   pts/1      0:00 grep 528
5    99 15463     1  16   0  5284  756 select Ss   ?          0:08 proftpd: (accepting connections)
※528のプロセスは現在消滅している。

# kill -9 528
-bash: kill: (528) - そのようなプロセスはありません
# rm /var/run/httpd.pid
rm: remove 通常ファイル `/var/run/httpd.pid'? y
# /etc/init.d/httpd status
httpd は停止していますがサブシテムがロックされています
# rm /var/lock/subsys/httpd
rm: remove 通常の空ファイル `/var/lock/subsys/httpd'? y
# /etc/init.d/httpd status
httpd は停止しています
# /etc/init.d/httpd start
httpd を起動中:                                            [  OK  ]
# pidof httpd

# /etc/init.d/httpd status
httpd が停止していますが PID ファイルが残っています

#cat /var/run/httpd.pid
620

※今度は、違うpid

# reboot

****** 結局Rebootして復旧させた。 ******

■ログの解析
[/var/log/messages]
Nov 20 08:11:56 httpd: httpd 停止 failed
Nov 20 08:12:30 httpd: (98)Address already in use: make_sock: could not bind to address [::]:80
Nov 20 08:12:30 httpd: no listening sockets available, shutting down
Nov 20 08:12:30 httpd: Unable to open logs
Nov 20 08:12:30 httpd: httpd 起動 failed
Nov 20 08:12:40 httpd: httpd 停止 succeeded
Nov 20 08:12:42 httpd: httpd 起動 succeeded
Nov 20 08:12:56 mysqld: MySQL を停止中:  succeeded
Nov 20 08:12:59 mysqld: MySQL を起動中:  succeeded
Nov 20 08:17:37 PAM_pwdb[32640]: (sshd) session closed for user kiyoeri
Nov 20 08:17:37 su(pam_unix)[32668]: session closed for user root
Nov 20 08:22:09 PAM_pwdb[419]: (sshd) session opened for user kiyoeri by (uid=0)
Nov 20 08:22:15 su(pam_unix)[446]: session opened for user root by kiyoeri(uid=500)
Nov 20 08:22:41 httpd: httpd 停止 failed
Nov 20 08:22:43 httpd: httpd 起動 succeeded
Nov 20 08:28:05 httpd: httpd 起動 succeeded
Nov 20 09:04:39 httpd: httpd 起動 succeeded
Nov 20 09:09:42 shutdown: shutting down for system reboot
※※※特に、重大な情報は見当たらない。※※※

[/var/log/httpd/error_log]
[Fri Nov 20 07:58:56 2009] [error] [client 193.34.144.193] File does not exist: /usr/sausalito/ui/web/error
[FATAL] failed to allocate memory
[Fri Nov 20 08:05:04 2009] [error] mod_ruby: failed to require apache/eruby-run
[Fri Nov 20 08:05:04 2009] [error] mod_ruby: error in ruby
[Fri Nov 20 08:05:04 2009] [error] mod_ruby: failed to require apache/eruby-run
[Fri Nov 20 08:05:04 2009] [error] mod_ruby: error in ruby
[Fri Nov 20 08:05:04 2009] [error] mod_ruby: failed to require apache/eruby-run
[Fri Nov 20 08:05:04 2009] [error] mod_ruby: error in ruby
[Fri Nov 20 08:05:04 2009] [error] mod_ruby: /usr/local/lib/ruby/1.8/i686-linux/eruby.so: liberuby.so.1.0: failed to map segment from shared object: Cannot allocate memory - /usr/local/lib/ruby/1.8/i686-linux/eruby.so (LoadError)
[Fri Nov 20 08:05:04 2009] [error] mod_ruby:   from /usr/local/lib/ruby/1.8/apache/eruby-run.rb:45
[Fri Nov 20 08:05:04 2009] [error] mod_ruby: /usr/local/lib/ruby/1.8/i686-linux/eruby.so: liberuby.so.1.0: failed to map segment from shared object: Cannot allocate memory - /usr/local/lib/ruby/1.8/i686-linux/eruby.so (LoadError)
[Fri Nov 20 08:05:04 2009] [error] mod_ruby:   from /usr/local/lib/ruby/1.8/apache/eruby-run.rb:45
[Fri Nov 20 08:05:04 2009] [error] mod_ruby: /usr/local/lib/ruby/1.8/i686-linux/eruby.so: liberuby.so.1.0: failed to map segment from shared object: Cannot allocate memory - /usr/local/lib/ruby/1.8/i686-linux/eruby.so (LoadError)
[Fri Nov 20 08:05:04 2009] [error] mod_ruby:   from /usr/local/lib/ruby/1.8/apache/eruby-run.rb:45
FATAL:  erealloc():  Unable to allocate 311296 bytes
FATAL:  erealloc():  Unable to allocate 77824 bytes
[Fri Nov 20 08:10:15 2009] [error] [client 94.142.129.98] PHP Notice:  Undefined property:  stdClass::$cache in /var/www/html/drupal/includes/session.inc on line 77, referer:http://kiyoeri.gotdns.org/drupal/node/add/forum/
[Fri Nov 20 08:11:53 2009] [warn] child process 32586 still did not exit, sending a SIGTERM
[Fri Nov 20 08:11:53 2009] [warn] child process 30089 still did not exit, sending a SIGTERM
........ 同じ内容が続く
[Fri Nov 20 08:12:41 2009] [notice] core dump file size limit raised to 4294967295 bytes
[Fri Nov 20 08:12:42 2009] [notice] suEXEC mechanism enabled (wrapper: /usr/sbin/suexec)
[Fri Nov 20 08:12:42 2009] [notice] Digest: generating secret for digest authentication ...
[Fri Nov 20 08:12:42 2009] [notice] Digest: done
[Fri Nov 20 08:12:42 2009] [notice] LDAP: Built with OpenLDAP LDAP SDK
[Fri Nov 20 08:12:42 2009] [notice] LDAP: SSL support unavailable
PHP Warning:  Module 'mysql' already loaded in Unknown on line 0
[Fri Nov 20 08:12:43 2009] [notice] mod_python: Creating 4 session mutexes based on 50 max processes and 0 max threads.
[Fri Nov 20 08:12:43 2009] [emerg] (28)No space left on device: Couldn't create accept lock
[Fri Nov 20 08:22:42 2009] [notice] core dump file size limit raised to 4294967295 bytes
[Fri Nov 20 08:22:43 2009] [notice] suEXEC mechanism enabled (wrapper: /usr/sbin/suexec)
※※※※ どうも、メモリー不足のようだ。※※※※

2009年11月13日

世界図書館の記事

■記事のスクラップ
・世界最大の仮想図書館米で今月本格稼働【ニューヨーク=共同】2009年11月12日夕刊

 米国の25図書館が参加する世界最大の「バーチャル(仮想)図書館」が11月中に本格
稼働することが分かった。将来は日本を含む世界各国に参加図書館の輪を広げ、膨大な
蔵書や資料をインターネット上で共有する“人類の知の源泉”を目指す。書籍の電子化を
めぐる著作権のルール作りや図書館の在り方についての議論にも影響を与えそうだ。
 ミシガン大やカリフォルニア大などで組織する図書館の米電子化推進団体
「ハーティトラスト(HathiTrust)」幹部が共同通信に明らかにした。
 蔵書数は当初450万冊規模でスタート、1年半後には1000万~1100万冊に拡大する。
英語以外の書物も含まれ、数百年以上も前に出版された古文書類も見られる。
江戸時代の本など日本のものも多い。
 パソコンなどを通じて誰でもどこからでも無料で閲覧できる。
全文を閲覧できるのは当面、著作権が切れた書籍が中心だが、電子化をめぐる著作権の
ルールが整備されれば、閲覧できる蔵書数の飛躍的拡大が期待できるという。
 これまでは題名などの検索しかできない試験運用だったが、本格運用では全文書を対象
とした横断検索サービスが可能になる。学術研究での活用も想定し、キーワード検索が
できるほか、テーマ別や年代別などで細かく分類。目当ての資料を簡単に絞り込むことが
できるようにした。
 電子化には、書籍の自動読み取り用の装置を使うほか、貴重な資料類は手作業で
スキャンする。
一部データは協力関係の米インターネット検索大手グーグルにも提供している。

※【米国の図書館電子化】 1990年代から先進的な図書館が個別に取り組んできた。
2004年にグーグルが世界規模で図書館の電子化を後押しする構想を発表。
ハーバード大など名門図書館が同社と提携関係を結び、動きが加速。
08年10月、図書館主導で世界規模のオンライン化を推進する団体「ハーティトラスト」を
ミシガン大などが立ち上げた。

・「図書館の定義は変わっていく」 書籍電子化の進展で 2009.11.12 10:18

  スザンヌ・トーリン米シラキュース大図書館長の話 「書籍電子化の進展で図書館の
在り方は大きく変化を迫られている。かつては印刷物で成立していたが、今やオンラインで
情報を提供する図書館は珍しくない。伝統を重んじる関係者は不快かもしれないが、
図書館の定義は変わっていかざるを得ない。商業目的でない仮想図書館として、
電子化推進団体『ハーティトラスト』の活動は非常に重要だ。
グーグルは大型図書館としか提携していないが、ハーティトラストはわれわれのような
小さな図書館にとっても参加しやすい」(共同)

・グーグルから図書館主導に 「仮想図書館」稼働 2009.11.12 10:11

  世界最大の仮想図書館の本格稼働は、米インターネット検索大手グーグルが2004年
に打ち出した世界の図書館の電子化構想が着実に進展しつつあることを示した。
今後は図書館側が主体的に構想を推進しそうで、電子化をめぐるグーグルと全米作家
協会などとの和解協議への影響も注目される。
 あらゆる情報をインターネット上に集中させることを目標に掲げるグーグルは、
米ハーバード大や慶応大などの大型図書館と提携、書籍の電子化を支援してきた。
同社はこうした図書館の蔵書を対象に検索サービスを提供している。
 米電子化推進団体「ハーティトラスト」を構成するメンバーにもグーグルと協力関係に
ある図書館は少なくない。図書館の電子化について「グーグルは大いに助けとなった」
(ミシガン大幹部)と関係者の評価は高い。(共同)

一方、こんな記事もある。

・源氏物語もネットでどうぞ ユネスコが電子図書館開設
2009.4.22 07:59
 国連教育科学文化機関ユネスコ)は21日、インターネットを通じて世界の古典の原著
をオリジナルの言語で閲覧できる「世界電子図書館」をスタートさせた。
日本からは「源氏物語」「小倉百人一首」などが登録され、世界のどこからでも無料で
読めるようになった。
 世界電子図書館の構想は米議会図書館のジェームズ・ビリングトン館長が2005年に
ユネスコに提案。ユネスコと世界32の研究機関が協力し、ネット上での開設にこぎ着けた。
 古典文学だけでなく、映画の創始者リュミエール兄弟(フランス)の映像作品や世界各地
の古地図など画像や音声も登録されている。
 ユネスコによると、登録資料は世界の40言語以上にわたる約1250件。英語、フランス語
など国連公用語6カ国語とポルトガル語の計7カ国語で検索する仕組み。(共同)

【コラム】
図書によって、人類の英知を共有する事はすばらしい事だが、商用利用に関する著作権
の問題は、楽曲以上に難しくなる事が容易に推測される。
人類の英知の蓄積である図書の共有について今後の動向が楽しみである。

2009年10月14日

DynDNSが朝からおかしい

・Serverアクセスで無応答。
・OfficeよりPuttyで繋がらない。
・FedoraへのWebttyでも繋がらない。
CentOS,以外のFedora,IIS,Win2kでも応答がないので、DynamicDNS経由
の名前の解決が出来ていないような感じ。

おかしいことに、いずれもエラーメッセージが表示されない。
(IPアドレスが中途半端に変わった場合、いままではエラーメッセージが出ていた。)
DynDNSのサイトを訪れ、現在のIPアドレスを確認すると、今までのIPアドレスと
値が変わっていた。
Hostname Service   Info 
ホスト名1 yyy.yyy.yyy.yyy  Oct. 13, 2009 6:37 AM
ホスト名2 yyy.yyy.yyy.yyy  Oct. 13, 2009 6:37 AM
※旧IPアドレスは、xxx.xxx.xxx.xxxだったが、これが早朝6:37 ん?
これは昨日の日付ではないか!
昨日は、問題なく深夜まで自宅からWebにアクセス出来ていた。
なんか、おかしいと思い、同じIPアドレスで、BulkUpdateしてみる。-->Succeed
これでも、繋がらない。
Officeからサーバーをnslookupすると、IPアドレスが、OfficeのGroupの
IPアドレスになっている。   DNSサーバーがおかしいのか?
それとも、ADSLがおかしいのか?

■気になる事
WindowsUpdateが、公開されている。(10/13 容量80MBとかなりでかい。)
関係ないと思うが、Updateの内容は以下のとおり。
 1.Windows XP 用の更新プログラム (KB970653)
 2.Windows XP 用 Jscript 5.7 のセキュリティ更新プログラム (KB971961)
 3.Windows XP SP 3 用 Windows Media フォーマット ランタイム 9、9.5、および 11
  のセキュリティ更新プログラム (KB968816)
 4.SQL Server 2005 Service Pack 3 のセキュリティ更新プログラム (KB970892)
 5.Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1 用セキュリティ更新プログラム、
  Windows 2000、Windows XP、Windows Vista、Windows Server 2008、
  Windows 7、Windows Server 2008 R2 向け (KB953297)
 6.Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 用セキュリティ更新プログラム、
  Windows 2000、Windows Server 2003 および Windows XP 向け (KB974417)
 7.Windows XP 用 Internet Explorer 7 の累積的なセキュリティ更新プログラム (KB974455)
 8.Windows XP の ActiveX Killbits に対する累積的なセキュリティ更新プログラム (KB973525)
 9.Windows XP 用セキュリティ更新プログラム (KB975467)
10.Windows XP SP 3 用 Windows Media フォーマット ランタイム 9、9.5、および 11
  のセキュリティ更新プログラム (KB954155)
11.Windows XP 用セキュリティ更新プログラム (KB975025)
12.Windows XP 用セキュリティ更新プログラム (KB974571)
13.Windows XP 用セキュリティ更新プログラム (KB974112)
14.Windows XP 用セキュリティ更新プログラム (KB971486)
15.Windows XP 用セキュリティ更新プログラム (KB958869)
16.Windows XP 用セキュリティ更新プログラム (KB969059)
17.Microsoft Visual Studio 2008 Service Pack 1 のセキュリティ更新プログラム
   (KB972222)
18.2007 Microsoft Office system セキュリティ更新プログラム: KB974234
19.2007 Microsoft Office system セキュリティ更新プログラム: KB951944
20.2007 Microsoft Office system セキュリティ更新プログラム: KB972581
21.悪意のあるソフトウェアの削除ツール - 2009 年 10 月 (KB890830)
※OfficeでInstallしたが、再起動要求はあったものの正常にインストールできた。

Socks経由のFTPでの症状
・サイトA:SOCKSサーバ IPアドレス(ポート)に接続しています。
 固定長の受信が失敗しました
 SOCKS5のコマンドに対するリプライ受信ができませんでした。
 SOCKSサーバに接続できません。(Err=-1)
・サイトB:SOCKSサーバ IPアドレス(ポート)に接続しています。
 SOCKSサーバに接続できません。(Err=5) 

午後3時ごろ若干の変化があった。
これまで、Puttyで無応答だったが、「Proxy Error:Connection Refused」
のメッセージが表示されるようになった。 しかし、相変わらず接続はできない。

【原因判明】
・帰宅して調べると、ADSLがおかしくなっていた。
 ルータの外へネットワークが出て行かない。(全ての外部Webが見れない。)
 DDNSサービスの更新ができない。(BBルータより)
・ADSLモデムのPwer Reset を行ったが、改善されず。
・BBルータのPower Reset を行うと復旧した。
※同様な症状のADSLのトラブルで以前(1ヶ月前ぐらい?)NTT局側の回線ボードを
 交換してもらったのだが、再発なのか? それともBBルータがおかしかったのか?

これで、様子を見る。

2009年10月13日

室内犬が床にオシッコする心理

我が家には4歳のミニチュアダックス♀がいる。
4歳といえば、成犬でもうちゃんと分別は出来る年なのだが、時たま床にシッコをしてしまう。
普段は、ちゃんと枠組みしてあるトイレシート用の中にちゃんとやっているのだが、
する時は決まって人が見ていない時で、やった事がバレると反省しているようなのだ。
①トイレが近い病気なのだろうか?
②かまってもらえなくて、腹いせにするのだろうか?
③それとも遊びに夢中でついお漏らしをしてしまった?
どうやら②のような気がしてきた。
結構こまめに遊んでやっているつもりなのだが、もっと遊び方が足りないというのだろうか?
それとも、マーキングなのだろうか?(メス犬でも室内犬はマーキングするらしい。)

2009年09月05日

Sambaの不審なログ

CentOS4.4でSambaの妙なログを発見!

Aug  20 02:19:12 kiyoeri smbd[10187]: [2009/08/20 02:19:12, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
Aug 20 02:19:12 kiyoeri smbd[10187]:   207.171.3.156 (207.171.3.156) couldn't find service ipc$%nobody
・・・連続して3~5回/秒で Aug 20 02:19:21 まで9秒間・・・

Sep  5 08:53:47 kiyoeri smbd[17596]: [2009/09/05 08:53:47, 0] smbd/service.c:make_connection(1191)
Sep  5 08:53:47 kiyoeri smbd[17596]:   82.135.202.198 (82.135.202.198) couldn't find service ipc$%nobody
・・・連続して3回/秒で Sep  5 08:53:55 まで8秒間・・・

Spamのような感じがする。
whoisで調べる。
・207.171.3.156 Phyber Communications(US) 
・82.135.202.198 LIETUVOS-TELEKOMAS(Lithuania)

エラー内容の調査
共有名:ipc$%nobody で、samba サーバ上の共有にアクセスしている。

proftpdのログも調べたが、このIPアドレスからのアクセスは記録されていない。
httpdやsecureのログでも同様にHitしない。
いったい何処から訪ねてくるのだろうか?

2009年08月22日

トイレの水漏れ

水道料の検診のオバちゃんが、いつもより水道メータが多いですけど、水漏れしてませんか?
と、親切に教えてくれた。
その時、チェックしたのだが、水道を使っていないのに、水道メーターが、少しずつ回っている。
水道の配管にヒビが入っているのかもしれないので後日、水道局から調べにきてもらう事に
したのだが、トイレの水切りが良くないのが気にかかっていた事を思い出した。
早速調べてみると、確かにトイレを使っていない時でもタンクから便器に水が微量ではあるが
流れ込んできている。
このトイレは家を新築した時に据え付けたもので「INAX」製で、もう20年も使用して一度も
修理していない。
まず、切り分けをしようと思って、タンクへの水を止めようと思ったのだが、どうすれば止まる
のか判らない。
トイレ用のタンクには「INAX」のみで、製品名称もなにも記載されていない。
しかたがないので、INAXのサイトを訪れてみると、止水栓があるようだ。


マイナスドライバーが身近になかったので、一円玉でネジを右に回すと、チョロチョロ
と音を立てていた水の音が止まった。
確認のため、水洗ハンドルを回してみると、タンク内の水が全部便器に流れ込み、空っぽ
になった。
それ以降は、いくら水洗ハンドルを回してもタンク内に水がないので便器に水は流れ込ま
なくなった。
これで、水道メータを検針にいくと、なんと以前微量だが回っていたメータがピタリと静止した。
やはり、トイレの水漏れが水道料のが増えていた原因だったのだ。
さて、どう修理したらいいものかと、再びINAXのサイトを訪れる。
どうやらフロートゴム球が磨耗している可能性があるらしい。


このゴム球を取り出してみると、手はゴムの汚れで真っ黒けになってしまった。
相当磨耗していることが予想される。
きれいに、ゴムの汚れを洗い落としてみたが、ゴム玉に傷も、磨耗した跡も見つ
ける事ができなかった。
これは、交換してみるしかないなぁ と思い、通販サイトを調べると1000円程度
で取り扱っている模様だが、送料と同じぐらいの値段なので近くのホームセンター
で探す事にした。
1件目はフロートゴム球が見つからなかったが、2件目にどうやらそれらしきものが
見つかった。
PH84-93X(三栄水栓製作所)とあるが、INAX51mm用と書いてある。
どうやら、INAX純製ではないようだ。
直径が65mmなのに....55mm用なのかな? と思って詳しく内容を読むと、
これは、サイフォン径の数値で、実際のゴム球の直径は65mmだった。
これだと思い、980円で早速購入して持ち帰って取り付けえ見る事にした。



取り替えてみると、ゴムのサイズはピッタリ一致していたが鎖ごと交換しなければ
ならなかったので、鎖の長さを調整しなければならなかった。
調整は簡単で、大小のレバーを引くとゴム玉の栓が開き、レバーを戻すと、ゴム球の
栓がしっかりと閉じればいい。
これで、トイレの水漏れは、ピッタリと止まった。
どれぐらいトイレの水漏れで余計に水道料金を余計に払い続けいていたのだろう?
これからは、水の戦争になるだろうといわれている。
そのためにも節水はこれから必要になってくるのだろうが、まだ水の供給が十分な
日本ではピンとこない。
むしろ水道料金のことが気にかかるぐらいの認識だったが、こうも考えられる。
各家庭まで水道管を通じて水を送るには、ポンプなどを駆動するエネルギーが必要
であり、主に動力源は電気である。
節水をすれは、水道のための電気の消費を減らす事になり、電気を作り出すために
排出されるCO2も減らす事もできるので、これは立派なエコ活動だと自分で納得する。

2009年07月30日

ApacheとMySQLが重い

CentOSの処理が重くなっている。
Midnight処理で、logrotate、trpwire、clamascanなどを行っているが
その種折が終わらず、翌朝まで持ち越してしまう。
その結果、freeコマンドで残りのメモリーが500kb近くまで減り、
mysqld.logはOut of memoryになってしまう。
topコマンドで見ると、Apacheが非常にMemoryを消費しているのがわかる。
httpd.confの内容を確認すると、KeepAliveの設定が関係しているかも知れない。

#
# KeepAlive: Whether or not to allow persistent connections (more than
# one request per connection). Set to "Off" to deactivate.
#
KeepAlive false
MaxKeepAliveRequests 100
KeepAliveTimeout 15

ん? 「false」 なんて有効だったのか? エラーログには上がっていなかったので、
気が付かなかった。
Offの認識で動作していたのだろうか?

Webの説明では、KeepAliveはこう記載されている。

⇒キープアライブ

クライアントからの要求があり、いったんコンテンツを提供した後もコネクションを閉じずに
次の要求に対してすぐに応答できるようにする機能です。
通常はアクセスがあった場合、リンク部分をたどって他のページを見にいこうとするので、
このディレクティブが「On」になっているとパフォーマンスが向上します。

では、KeepAliveをOffにするのはどういう時なのだろう?
⇒KeepAlive が有効なのは、一つのページに多数の画像などが含まれている場合です。
つまり、1ページ分のデータを読み込むの必要な Connection が多ければ多いほど
KeepAlive の効果が出ます。

最近、画像を貼り付けたコンテンツが増えているので、KeepAlive Onのほうがよさそうだ。
早速設定を変更してApacheをRestartさせておいた。
これで様子を見る。

2009年07月16日

地のり

我が家では、お正月にお雑煮を食べる時に、のり(海苔)をトッピングして食べる。
トッピングなんて気の効いた言葉は、普段では使わないが、息子や娘が正月で帰省して
使っていたのでそれを借用した。
「かもじのり」は、鳥取や島根で呼ばれている言葉のようで、他県での呼び方は不明。
特に、出雲市平田地区の十六島(うっぷるい)湾近辺で採れる十六島海苔(うっぷるいのり)
は有名。



収穫時期は12月から1月までという極めて短い期間に限られ、冬の荒れ狂う日本海の
足場の悪い岩場で「シマゴ」と呼ばれる人達によって一枚一枚手で摘み取られている。



「かもじのり」のかもじとは、漢字にすると髢(髪文字)で、「婦人が髪を結うとき添える毛、
そえがみ、そえげ、いれがみ」という意味(大辞泉より)。
つややかな黒さが女性の黒髪のようだったため、そのように呼ばれるようになりました。
磯の香りがとても強く、コシのある食感が特徴。



値段も、結構高く50gで5,6千円する。
普通に、醤油味のだし汁を作り、そこに日本酒で溶かした「かもじのり」をいれて
雑煮を食べる。「かつお」や「するめ」をさらに加えるとよりおいしい。
これが、とてもおいしく、我が家のお正月の味となっている。



「海苔雑煮」という名前でネットで紹介されていた。
本文:
出雲市平田地区の十六島(うっぷるい)湾近辺の岩場の海岸で手摘みされる
十六島海苔(別名かもじ海苔)は、江戸時代から珍重されてきた極上の岩海苔。
出雲平野や奥出雲のお雑煮には欠くことができない。
煮干やコンブ、カツオ節でだしをとったしょうゆ味の汁に丸餅を入れ、海苔をのせれば
磯の香がふわりと立つ。
海苔は酒でほぐしたものをのせる方が香り高いが、緑色になるまで煮てもよい。
この海苔の食べ方は、お雑煮の他に、そば、お吸い物、おにぎり、サラダ、などでも
おいしく食べる事が出来る。

近くのスーパーで、「地のり」 という商品名でこの海苔を見つけ早速購入した。
その時は、もうお雑煮の季節も終わった3月の頃だったが、水に、だし醤油と調理酒を
加えてこの海苔を溶かすと、磯の香りがいっぱい広がる。
ごはんにこれをかけて食べると、お雑煮もうまいのだが、この味もまた格別。
やみつきになり、いきつけのスーパーで買い占め、商品棚を空にしてしまった。
他のスーパーでも探すのだが、見つからない。
すると、うれしいことに補充をしてくれた。
その後も買い続けたが、6月になったらその棚への補充がなくなってしまった。
やっぱり冬物の商品なので、仕入れ先の在庫が切れたのだろう。
しかし、やっぱりまた食べたいと思い、乾燥させた商品なので、日持ちするだろうから
通販でも扱っていやしないかと思いネットを探す。

ありました!
魚の屋(島根県大田市静間町213-11)

地のり25g 400円  (スーパーで購入した時460円だった。)

他にもショップがあった。
カネサン桝屋(福井)  こっちは 500円

地のり」という商品名でも種類がいろいろある。
「手もみ」「きざみ」と併記してあるものは食感が悪そうであまりオススメできない。
それと緑色のものはダメ、黒い色の日本海の荒海で育った海苔がGood!
300日ぐらいが賞味期限らしいので、シーズンが終わってもネット通販で探せは、食に
ありつけそうである。

2009年06月09日

CentOS ログローテーションしない。

Oops発生を検出したら自動的に10秒後にRebootするように設定してから、
システムのダウンは発生していないが、awstatsでApacheのログを集計
する時、時間がかかるようになった。
調べてみると、weeklyで行われるログのローテーションが行われていない。
# ls -la /var/log/messages*
-rw-------  1 root root 613466  6月  9 09:18 /var/log/messages
-rw-------  1 root root 303561  5月 31 04:47 /var/log/messages.1
-rw-------  1 root root 870572  5月 24 04:49 /var/log/messages.2
-rw-------  1 root root 228940  5月 17 04:51 /var/log/messages.3
-rw-------  1 root root 880299  5月 10 04:48 /var/log/messages.4
Apacheのaccess_log,error_logも同様に更新されていない。
確か、この処理はcron.weeklyに組み込まれていたはず。
[/var/log/cron] weeklyでgrep
Jun  7 04:15:02 crond[19640]: (root) CMD (/root/freshreader.sh)
Jun  7 04:15:37 crond[19639]: (root) MAIL (mailed 65 bytes of output but got status 0x0007 )
Jun  7 04:17:10 anacron[19965]: Updated timestamp for job `cron.daily' to 2009-06-07
Jun  7 04:22:02 crond[20010]: (root) CMD (run-parts /etc/cron.weekly)
Jun  7 04:28:52 anacron[31481]: Updated timestamp for job `cron.weekly' to 2009-06-07
Jun  7 05:00:02 crond[31609]: (root) CMD (/root/chkrootkit.sh | nkf -j)
Jun  7 05:00:07 /usr/bin/crontab[31700]: (root) LIST (nobody)
Jun  7 05:01:04 crond[32205]: (root) CMD (run-parts /etc/cron.hourly)

weekly処理の起動はかかって入るようだが、処理結果はこれでは不明。
過去のcronのログをチェックすると、上記赤字のメッセージ以後、新しいcronのログに
切り替わっている。
やはり、ファイルの切り替え処理がうまく行われなかったようである。
[/var/log/messages]
Jun  7 04:17:11 freshclam[19970]: daily.cld is up to date (version: 9434, sigs: 27482, f-level: 42, builder: guitar)
Jun  7 04:17:12 logrotate: ALERT exited abnormally with [1]

どうも、ClamavのUpdate処理とlogrotae処理がぶつかったようだ。
最近の深夜4:00ごろのClamavのUpdateを見てみると、7日以前でもlogrotateの
ALERTが発生している。 6/4日の深夜から発生している。

このままでも1週間後にまた切り替わりがTryされるはずだが、.....
強制的にログのローテーションを行ってみる。
# logrotate -f /etc/logrotate.conf
error: Ignoring syslog.rpmorig, because of .rpmorig ending
error: Ignoring syslog.rpmsave, because of .rpmsave ending
error: freshclam:4 unknown user 'clamav'

# logrotate -d /etc/logrotate.conf
reading config file /etc/logrotate.conf
including /etc/logrotate.d
error: Ignoring syslog.rpmorig, because of .rpmorig ending
error: Ignoring syslog.rpmsave, because of .rpmsave ending
reading config file acpid
reading config info for /var/log/acpid
reading config file cups
reading config info for /var/log/cups/*_log
reading config file freshclam
reading config info for /var/log/clamav/freshclam.log
error:freshclam:4 unknown user 'clamav'

どうも、uaer 'clamav' がくせもののようだ。
# ls -la /var/log/clamav
drwxr-xr-x   2      507      507    4096  6月  8 11:06 clamav
ん? 507.507のユーザー・グループになっている。

[/etc/logrotate.d/freshclam]
/var/log/clamav/freshclam.log {
    missingok
    notifempty
    create 644 clamav clamav
}

clamavのユーザーでfreshclam.logをアクセスしている。
この箇所を、clamav ⇒ 507 に変更しても、logrotateは507ユーザでエラー
になる。

[/etc/logrotate.d/freshclam]を別の場所に移動して、logrotateコマンドを
実行させるとログはローテーションする。
# logrotate -d /etc/logrotate.conf
コンソールに処理途中の経過が出力されていく。
コンソールを覗いていると、/var/log/samba/ipアドレス.logの処理に時間が
かかっているが、終了する。
しかし、このオプションではファイルの更新まで行わないので、
# logrotate -f /etc/logrotate.conf のコマンドを実行すると、
error: Ignoring syslog.rpmorig, because of .rpmorig ending
error: Ignoring syslog.rpmsave, because of .rpmsave ending
のメッセージ以降なにも表示が無くなり長時間が経過する。
別のPuttyでログのフォルダを確認するとログが、今日の日付とで切り替わった。

※ /var/log/clamav/freshclam.log は外したのでローテーションしないが、
 Weeklyで最大218KBのサイズなので、更新の必要性はそれほどないように
 思われる。 気付いた時に手動で更新すればよいだろう。

2009年05月28日

Sambaのバージョンアップ

CentOSがダウンした。
[/var/log/messages]
May 27 04:54:32 kiyoeri winbindd[3139]: [2009/05/27 04:54:32, 0] nsswitch/winbindd_passdb.c:sid_to_name(130)
May 27 04:54:33 kiyoeri winbindd[3139]:   Possible deadlock: Trying to lookup SID S-1-1-0 with passdb backend
May 27 04:54:33 kiyoeri winbindd[3139]: [2009/05/27 04:54:33, 0] nsswitch/winbindd_passdb.c:sid_to_name(130)
May 27 04:54:33 kiyoeri winbindd[3139]:   Possible deadlock: Trying to lookup SID S-1-5-2 with passdb backend
May 27 04:54:34 kiyoeri smbd[671]: [2009/05/27 04:54:34, 0] lib/util_sock.c:read_data(534)
May 27 04:54:34 kiyoeri smbd[671]:   read_data: read failure for 4 bytes to client 221.6.97.6. Error = 接続が相手からリ>
セットされました
May 27 04:59:10 kiyoeri nmbd[3111]: [2009/05/27 04:59:09, 0] nmbd/nmbd.c:process(559)
May 27 04:59:10 kiyoeri nmbd[3111]:   Got SIGHUP dumping debug info.
May 27 04:59:10 kiyoeri nmbd[3111]: [2009/05/27 04:59:10, 0] nmbd/nmbd_workgroupdb.c:dump_workgroups(282)
May 27 04:59:10 kiyoeri nmbd[3111]:   dump_workgroups()
May 27 04:59:10 kiyoeri nmbd[3111]:    dump workgroup on subnet   192.168.2.101: netmask=  255.255.255.0:
May 27 04:59:10 kiyoeri nmbd[3111]:     WORKGROUP(1) current master browser = CENTVM
May 27 04:59:10 kiyoeri nmbd[3111]:             VAIO 40819a03 (Samba Cent)
May 27 04:59:10 kiyoeri nmbd[3111]:             CENTVM 40049a03 (Samba CentVM)
May 27 05:45:31 kiyoeri winbindd[3122]: [2009/05/27 05:45:31, 0] nsswitch/winbindd_passdb.c:sid_to_name(130)
May 27 05:45:31 kiyoeri winbindd[3122]:   Possible deadlock: Trying to lookup SID S-1-22-2-1000 with passdb backend
May 27 05:49:34 kiyoeri winbindd[3122]: [2009/05/27 05:49:34, 0] nsswitch/winbindd_passdb.c:sid_to_name(130)
May 27 05:49:34 kiyoeri winbindd[3122]:   Possible deadlock: Trying to lookup SID S-1-22-2-1001 with passdb backend
May 27 05:49:39 kiyoeri winbindd[3122]: [2009/05/27 05:49:39, 0] nsswitch/winbindd_passdb.c:sid_to_name(130)
May 27 05:49:39 kiyoeri winbindd[3122]:   Possible deadlock: Trying to lookup SID S-1-22-2-544 with passdb backend
May 27 05:49:42 kiyoeri winbindd[3122]: [2009/05/27 05:49:42, 0] nsswitch/winbindd_passdb.c:sid_to_name(130)
May 27 05:49:42 kiyoeri winbindd[3122]:   Possible deadlock: Trying to lookup SID S-1-22-2-2000 with passdb backend
May 27 06:20:36 kiyoeri kernel: Unable to handle kernel paging request at virtual address 304c30c8
May 27 06:20:36 kiyoeri kernel:  printing eip:
May 27 06:20:36 kiyoeri kernel: c0195236
May 27 06:20:36 kiyoeri kernel: *pde = 00000000

帰宅後、再起動して立ち上がったが、従来のメモリー欠乏状態とは違う。

winbinddの、Possible deadlock: Trying to lookup が気にかかる。

■Sambaデーモンと関連のサービス(redHatより)
Samba は、3 つのデーモンで構成されている(smbd、nmbd、winbindd)。
2 つのサービス(smb と windbind)がそのデーモンの開始、停止、
smbdデーモン(smbサービスに制御される。)
 smbd サーバデーモンはファイル共有と印刷サービスをWindows クライアントに提供。
 さらに、ユーザー認証、リソースのロック、SMB プロトコルでのデータ共有も行う。
 SMB 通信をリッスンするサーバ上のデフォルトポートは TCP ポート 139 と 445
nmbdデーモン(smb サービスに制御される。)
 SMB/CIFS により生成される要求などの NetBIOS ネームサービス要求を理解して
 それに応答する。 Windows 95/98/ME、Windows NT、Windows 2000、
 Windows XP、LanManager などのクライアントが相当する。
 また、ブラウジングプロトコルにも加わり Windows のマイネットワーク
 ネットワークコンピュータなどの表示にも現れる。
 サーバが NMB 通信を待機するデフォルトのポートは UDP ポート 137
・ winbindd デーモン(winbind サービスに制御される。)
 Windows NT サーバ上のユーザーとグループ情報を解決して UNIX プラットフォームで
 理解できるようにする。
 Microsoft RPC コール、Pluggable Authentication Modules (PAM)、
 Name Service Switch (NSS) を使って行う。
 これにより、Windows NT ドメインのユーザーが UNIX マシン上で UNIX ユーザーとして
 操作することが可能になる。  

# rpm -qa|grep samba
samba-common-3.0.25b-1.el4_6.4
samba-client-3.0.25b-1.el4_6.4
samba-swat-3.0.25b-1.el4_6.4
samba-3.0.25b-1.el4_6.4
system-config-samba-1.2.21-1.el4.1

バージョンアップをしておいたほうがいいのかもしれない。
# yum update samba
....
長時間の末終了。
バージョンが、3.0.25b ⇒ 3.0.28 に変更された。 
# rpm -qa|grep samba
samba-common-3.0.28-0.el4.9
samba-swat-3.0.28-0.el4.9
samba-client-3.0.28-0.el4.9
system-config-samba-1.2.21-1.el4.1
samba-3.0.28-0.el4.9

これで様子を見る。

Powered by
Movable Type 3.35